« 隔離宣言をする | トップページ | 弱音は吐いたほうが »

2014年2月 6日 (木)

引き返す

005

昨日来強い寒波が入ってきたとかで、関東東海の各地方でも雪が降ったとか積もったとか、路面が凍ったとかとテレビははしゃぎたてている。

そんななか、前々から注文を受けていた蓮根を今日明日のうちに掘らなければ間に合わないので、まだ少し下り便をする中、田んぼに出かけてみた。

陽が差すのを待って出かけてみると、水溜りには薄い氷が張っているものの、静岡のシンボル的な山である竜爪山(1,062m)にも雪の降った気配は無く、澄み切った空には飛行機雲が幅広くかかっていた。

途中で見た蕗には昨日までの陽気に誘われたか、フキノトウが顔を出し、ごくごく小さなものだったが、”摘んで帰り春を味わいたい”と誘惑してくる。

しかし、やっと収まりかけた腹の具合を考えれば、またこの次までと自制することにした。

さて、畑に入ったものの、なかなか手が出ない。

しかし、子供のころ父親から聞かされた「約束はした以上必ず守れ、こちらの都合より相手の迷惑を気考えれば、、、、」を思い出し、アニマル浜口ではないが「気合だ!気合だ!気合だ!」とばかり、、、、、、に

それでもしばらく考えた末に、いくら出荷前に太陽光線にさらし、食べる前に熱するとはいえ、もし蓮根に何かが着いたとしたら、、、、、引き返す。

.

午後は、三時少し前まで暴睡する。

醒めてみれば、昼に少し食べただけのためか食欲も出てきたので、まだダウン中の連れ合いに欲しいものは、必要なものは無いかと聞いて、スーパーに出かける。

病は気からというが、歳を考えれば、、、、、、、、、、、、

|

« 隔離宣言をする | トップページ | 弱音は吐いたほうが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/59078052

この記事へのトラックバック一覧です: 引き返す:

« 隔離宣言をする | トップページ | 弱音は吐いたほうが »