« 取り残された大雪騒動 | トップページ | 長針と短針を見間違えて »

2014年2月11日 (火)

けなげに蓮華草

001

家のすぐ裏手、国道一号のバイパスを挟んだ北側の田んぼでは早くも蓮華の花が咲き出していた。

毎年、年末には咲きだしているのだが、一年でもっとも寒い”寒”に入ったころから霜にやられて暖かな陽気が戻るまで花は絶えているはずなのだが、今年はこの時期にもう咲き出している。

最盛期の、空に向かって仰ぐように花びらを広げる。と言うところまでは行かないが、それでもところどころに四~五本固まって咲いていた。

このあたりも、住宅が建ち始め、周りをコンクリートの壁に囲まれているため、北風が当たらないためか、それとも、日中暖められたコンクリートの放熱のためかは分からないが、霜にやられること無く花を咲かせているのは健気に見えて頼もしい。

先日、雪を降らせた寒気の前の暖かさを身体が覚えているためもあって、それ以降の寒さが身に沁みると人はいうが、、、、、、、、、、

.

.

今日は、池ヶ谷の山に登りハッサクをリュックいっぱい採ってきた。

持ち主の知り合いがどれだけでも持って行け。と言う言葉に甘えたのだが、箱の積めて送るようにした残りで、マーマレードを作る。

このハッサクは、日当たりの良い斜面に植えられており、文字通りほったらかしの無農薬果樹なのだが、不思議と虫もつかなくてきれいな顔をしているので、皮を使うマーマレードには最適な果物である。

夕方から皮をむき、中袋を開いて実だけを取り出して、少々あくを抜いた皮と実と砂糖、水あめに少しの塩を入れて30センチの鍋いっぱいにしたものを煮詰めて完成。

明日からの朝食のお供ができた。

|

« 取り残された大雪騒動 | トップページ | 長針と短針を見間違えて »

コメント

よしこさま
なんだか気苦労が多くて大変そうですね。
認知症の年寄りが一人いるだけでも大変なのに、、、、

こんなときに少しのんびりとできる機会があればよいのですが、周りを見る余裕がなくなってしまうと、見ていても気付かないことが出てきます。
「どうぞ、あんまり気張らないで」と無責任に言っても、なんの助けのもならないのですが。

投稿: オラケタル | 2014年2月13日 (木) 21時15分

おばさま
いつも見ているだけでコメントもいれずごめんなさい。
富士市のほうはかなり降ったようですね。
今日そちらに行った人も、まだ道路わきに雪があったといっていました。
その雪の溶け切らないうちに、明日にはまた降りそうな気配とか、慣れていないでしょうから気をつけてください。

投稿: オラケタル | 2014年2月13日 (木) 21時07分

こんばんわ。オラケタルさんの記事を拝見して、ちょっと今日は歩く元気がなかったんですが、そうだ、蓮華草を見てみようと、近くの田んぼに行ってみました。すると、思いがけず沢山の蓮華が咲いていてびっくりしました。お陰さまで、元気が出ました。ありがとうございました。

投稿: よしこ | 2014年2月12日 (水) 23時07分

何年ぶりでしょうか
大雪で交通止めになったなんて。
わが家は大変でしたが、北国の方を思えば・・・・
寒くても咲く花は本当に健気で愛着を覚えます
雪の下になったスイセンも元気よく頭を上げ
立ち直りその姿に心打たれるものがありました

投稿: おばさん | 2014年2月12日 (水) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/59115597

この記事へのトラックバック一覧です: けなげに蓮華草:

« 取り残された大雪騒動 | トップページ | 長針と短針を見間違えて »