« リサツクケテヘ | トップページ | 歳々年々 »

2014年3月16日 (日)

霞か雲か はたまた

010

菜の花ばたけに 入日薄れ

見わたす 山の端 霞ふかし

唱歌「おぼろ月夜」の歌の文句そのままの光景が広がっている。

しかし、山の端をくもらせているのは、霞か 黄沙か はたまたPM2,5か

昔は、仙人といわれる人たちは霞を食べて生きているといわれたが、いまの世では、口の中がじゃりじゃりするだろうな。

これでは、仙人も生まれないわけだ。

|

« リサツクケテヘ | トップページ | 歳々年々 »

コメント

おばさま
春霞を見て怖いと思う世の中は異常なんでしょうが、それが当たり前にしてしまった、文明とやらは、、、、、

投稿: オラケタル | 2014年3月18日 (火) 21時14分

お孫さん優秀でこれからが楽しみですね
清水東には、以前愚息が勤務していました
静岡東のお近くにお住まいですね
大体 東と名のつく高校は優秀校よ
だって私も〇〇東高校出身ですからcoldsweats01
春霞
PM2,5の影響で
最近は死語に近いかも

投稿: おばさん | 2014年3月18日 (火) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/59304714

この記事へのトラックバック一覧です: 霞か雲か はたまた:

« リサツクケテヘ | トップページ | 歳々年々 »