« 忘れな草 | トップページ | 君子蘭の赤 »

2014年4月13日 (日)

迷惑な話し

021

久堅の ひかりのどけき 春の日に

       しず心なく  花の散るらむ   紀友則

そら一面に雲がかかっているとはいえ、いかにも春らしいのどかな日和で、先月末に開花した桜も散り終わり、わずかに残っている花びらが、風も無いのにちらほらと空を漂っている。

その花びらの行方を見ると地面に降り敷いているものがほとんどだが、いくつかは途中下の低木に糸を張り、獲物を待ち構えている蜘蛛の巣にひっかかっている。

蜘蛛にしてみれば、迷惑な話しだろうが、見ているこちらにしてみれば風流を絵に描いたような景色。

.

.

消費税が8%になってからスーパーに連れ合いのお供をしてついていったときの話し。

耐久消費財の場合、消費税値上げにささやかな抵抗としていかない選択も取れるが、毎日の食材となるとそうは我慢できない。

まだ二つのスーパーしか見ていないので、ほかの店ではどうしているのか、まだ変わった方法をとっているところもあるかもしれないが、、、、。

まず、最初の店で不思議に思ったのは、表示価格末尾が1円単位で印されているものと、10円単位で記されているものとが混在していた。

そして、末尾が0円になっているのは、便乗値上げ?それとも店の努力?3月末の値段が分からないので、、、、、、

どの店も、外税方式をとっていたが、表示に大きく書いてあったのは税抜き価格で課税額は小さく書かれていたため、買い物を済ませた人は「予想より高かった」とぼやいていた。

もうひとつの店も同様であったが、よく見たら定価に8%を掛けた値段が表示してあり、小数点二桁まで書いてあったので、いまでは一般社会では使われなくなった一銭単位の買い物をすることになるのだが、、、、、「お釣りはどうなるのだろうか」と気になった

これも、店側のわずかな抵抗なのだったのだろうか、それとも洒落(?)と笑ってしまった。

いずれにしても迷惑な話しだろうが、「店内での写真撮影はお断りします」なので、この面白い価格表は写真には出来なかった。

.

.

それにしても、スーパーなどの小売店では、何とか売り上げが落ちないよう気をくっばっているさまが感じられるが、公共料金のほうはそんなことの頓着なく、取り上げていく。

年金支給は下がっているのに税金は上がる。弱いものいじめの政府の支持率が下がらないのはなぜ、、、、、、、?

|

« 忘れな草 | トップページ | 君子蘭の赤 »

コメント

星さま
10%になればすっきり表示できるんでしょうね。
国民、とりわけ貧者には負担を大きくしているくせに、自分たちの歳費や定員など身を切ることが出来ない。
言いかけたらきりが無いので、、、、、、
あと何年    あと何年

投稿: オラケタル | 2014年4月14日 (月) 16時44分

半端な数字の表示は、10%への誘導かなと見るのはひがめかな。
こすっからい政治の象徴と思えるのはごまめの歯ぎしりか。残りわずかな余生をもう少し腹立たしくないように送らせてほしいんですがねえ。

投稿: 星 | 2014年4月13日 (日) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/59464238

この記事へのトラックバック一覧です: 迷惑な話し:

« 忘れな草 | トップページ | 君子蘭の赤 »