« 朝日に匂う | トップページ | りんごの花ほころび »

2014年4月 7日 (月)

逸早く

014

今年もイチハツの花を見かける季節になった。

アヤメの仲間で「逸早く咲く」と言う意味合いから一初と書かれるようになったそうだが、いっそのこと一八ではどうだったのだろうか。

ともあれ、感想に強い植物なのでむかしは茅葺屋根の上に植えられ魔よけの願いも込められていたらしい。

そうすると、軒先に菖蒲の葉を飾っておくのはこういう意味もあったのだろうか。しかし、イチハツは江戸時代に入ってきた中国の植物だと聞くと、どちらが先だったのか、、、、、、、、、、

.

.

みんなの党の渡辺代表が8億円もの大金を貰った問題で、身内の党員から代表の座を引きずりおろされた。

前にも書いたが、なんとも納得の出来ない説明だけに、「お前もか!」と言うのが実際だが、このお金、渡したほうは「選挙資金だった」と言う話しが説得力のある時期だけに、辞任を迫った国会議員には、「あなたは選挙のときこのうちから百万単位で、ひょっとすると一千万円単位で受け取ってはいませんでしたか?」と聞きたい。

状況が悪くなると、生贄に代表一人を差し出して、次の選挙に備えようとしているとしか考えられない行為である。

ちょうど、STAP細胞の問題で小保方研究員一人に責任を押し付けて決着を図ろうとするリケンの幹部みたいに見えて仕方が無い。

”清濁合わせて飲む”とか、言うのが古来大人物の証である。といわれてきた。これは、政治家と言われるお人ばかりではないだろうが「お金に色はついていないから、、、」と無頓着に受け取る時代は過ぎているのだが、、、、、

それにしても、「弱り目に祟り目」と言う言葉があるが、今年の渡辺代議士はどうなっていくのだろうか。

そして、「二度あることは三度ある」となると三度目がチョット怖いね。

|

« 朝日に匂う | トップページ | りんごの花ほころび »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/59430275

この記事へのトラックバック一覧です: 逸早く:

« 朝日に匂う | トップページ | りんごの花ほころび »