« 姫檜扇の赤 | トップページ | 疲れが出た »

2014年5月12日 (月)

金銀花

009

スイカズラの花。別名を金銀花とも言うのは、咲きだしの花びらが白から黄色になっていくのだが、次々と咲き出すため、隣り合った花の色が違っているところから名付けられたのがわかる。

この花は、上下四枚の花びらを持っているが、その付け根にある蜜がほかの花より少し多いのか、それとも吸いやすいためか、むかしからこの花を取って蜜を吸う遊びがあった。

そのために付けられた名前がスイカズラ   つまり”吸蔓”であり、花の形が唇に似ているからではない。

.

.

今日はナイチンゲールの誕生日であり、その日を記念してナイチンゲールデーだと言う。

彼女の名前を一躍有名にしたのが、1,851年のクリミヤ戦争において、負傷した兵士の看病を献身的に行い、衛生状態をよくすることで、死亡率42%から10%台にまで下げたそうである。

そのクリミヤ半島を含むウクライナがまたきな臭くなっている。

クリミヤ戦争では、ここを領有していたオスマントルコにフランス、イギリスが南下政策をとるロシアと戦争したくらいしか知らないが、それから160年余を経て体制は違うが再びロシアが手を出してきた。

世界の非難を受けても、ロシアと言う国は南に領土を広げると言う野望を消すことが出来ないようだ。

一方、南シナ海では中国と、ベトナム、フイリッピンが衝突を起こしかけているのは、東シナ海の尖閣諸島同様、一方的に領海を広げる中国の政策が原因のようである。

外部に対して、戦争などを起こすひとつの要因として国内政策に不安材料がある場合、国民の目をそらすため行われることがあるそうだが、そんなことで人の命を危険にさらすことは、、、、、、、、なんて、書生論なのかな?

.

.

ちなみにナイチンゲールと言う鳥がいて、良い声で啼くそうだ。

日本名は”小夜啼鳥”と書くそうだが、日本ではさしづめ”ひばり”と言う歌手がいたので、それと似ているのかな。

|

« 姫檜扇の赤 | トップページ | 疲れが出た »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/59632682

この記事へのトラックバック一覧です: 金銀花:

« 姫檜扇の赤 | トップページ | 疲れが出た »