« 野中のばら | トップページ | アザミ »

2014年5月 6日 (火)

駿河路や

020

駿河路や 花たちばなも 茶のにほひ

新茶の季節を迎え、お茶問屋がたちならぶ市内茶町あたりではむかしほどでもないが活況を呈している様子で、地元の新聞にもその様子が記されている。

冒頭の句は、1650年ころ芭蕉が大井川の増水で足止めを食ったときに作った句だとされており、その”にほひ”というのはほうじ茶の言っているときの匂いを言ったらしいとのこと、、、、、、

さもあろうなと、と思うのは、同じかんきつ類の蜜柑の花の匂いは、かなり強いからである。

いまが盛りの蜜柑の花、それこそ純白と言う字がそのまま当てはまるような白さで、常緑の木を彩どっている。

|

« 野中のばら | トップページ | アザミ »

コメント

You've made some good points there. I looked on the internet to learn more about the issue and found most people will go along with your views on this web site.|

投稿: dortmund trikot 2014 | 2014年6月 3日 (火) 02時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/59597395

この記事へのトラックバック一覧です: 駿河路や:

« 野中のばら | トップページ | アザミ »