« 従弟の死に | トップページ | ため息をつきながら »

2014年6月29日 (日)

すべては夢幻

P1010083


P1010090ふるさとの飛騨には二十五山と池の山という二つの宝の山があった。

二つの山の間には、跡津川断層と言う巨大な断層で隔てられていたが、いずれもそのむかし海の底に出来た石灰岩を基盤にしており、その中を熱水が貫入して出来た接触交代鉱床が眠っていた。

この鉱床に手をつけたのは養老年間だと言われているが、近代的な採掘は茂住宗貞が江戸時代初期に開発しだしてからである。

最盛期には、4,000人以上がこの鉱山で働き、戦時中には戦場に狩り出された日本人に代わって朝鮮の人や捕虜までが坑内作業に従事した。

.

昭和三十年六月、自分たちは八本目になる四寸角の柱を交代に担ぎながら二十五山の山道を登った。

自分たちの学校は、鉱山が運営する高校で、入学すれば自動的に鉱山に採用されるため、朝鮮戦争の後の不景気で就職難だった当時としては人気のある学校で、かなり広範囲から生徒が集まっていた。

そして、自分たちはその学校の八回目の新入生であり、開校記念日には新入生が”開校記念”と墨書された柱を山頂に担ぎ上げるのが慣わしになっていた。

その柱は、山頂の祠から四メートルおきに立てられ、いつの年か麓まで立ち並ぶはずだったが、15本目を最後に終わってしまった。(確認はしていない)

と、言うのは、さしもの二十五山も長年の採掘により山体崩壊がはじまり、採掘した後の空洞に山頂部を削り充填し始めたからである。

その後、1,219mの高さを誇り、日本海が見えたと言う伝説を持つ山は大きな変貌を遂げその山から派生していた尾根より低くされてしまった。

もちろん、山頂の祠も十五本の柱もどうなったか確認の仕様もなく、すべては夢幻と消え去ってしまった。

.

.

きのう、久しぶりにその神岡鉱山が新聞記事になった。

もと鉱山で働いていた人たちが予防措置が不十分だったため、塵肺になったとして鉱山を訴えていたが、岐阜地裁は鉱山に賠償を命令する判決を下した。

これによると、賠償する27人中15人は塵肺法上の塵肺とは認められないが、、、いくらかでも影響があるだろうということで賠償対象に含めたとある。

自分の幼友達の兄も訴訟に加わっていると聞いているが、20年以上粉塵職場で仕事してきた自分としては複雑な思いで新聞を見ている。

|

« 従弟の死に | トップページ | ため息をつきながら »

コメント

岡崎在住様
硅肺はほかの粉塵とあわせて今ではじん肺といわれていますが、アスベスト肺についで怖い病気です。
といいますのは、肺に入った細かい硅石に細胞が結節となって絡みつき、仕事を止めてもどんどん成長し肺を壊していくからです。
自分たちが入ったころの防塵マスクはこの結節を作る0,5ミクロンの硅石を停める効果が無いといわれていました。
昭和40年代に入って静電気で吸収する方式に改良されましたが、昭和30年代の中ごろまで、手ぬぐいをほうっか振りして鼻の先で縛る程度のことしかしない人がいきがっていましたね。
後は長くなりそうなので、メールで、、、

投稿: オラケタル | 2014年6月30日 (月) 21時23分

この調査報告書のP54に過去からの珪肺に関する記載があるな。
http://www.jili.or.jp/research/search/pdf/C_101_2.pdf#search='%E3%82%88%E3%82%8D%E3%81%91+%E6%AD%BB%E4%BA%A1+%E7%8F%AA%E8%82%BA+%E5%A4%A7%E6%98%94'
(記)
13歳、14歳で堀子になった者は17歳、18歳で堀大工に成長し、24歳、25歳から27歳、28歳でよろけ患者(珪肺)となり亡くなる。昔から職業病扱いだったんやね。
オリも小学校くらいで珪肺病は知っとったし、オランドコの父ちゃんから「防塵マスク」を見せてもらった事もある。鉱山で徹底されなかったのは安全教育不足やったんやろか。
オリの会社は砥石作業するだけでも資格が必要となっている(砥石研磨は粉塵作業用のバッチが必要)が、確かに粉塵の怖さは全く判らんな。原発事故の際の「この放射能レベルは直ちに人体に影響ない」の世界やろか。

投稿: 岡崎在住 | 2014年6月29日 (日) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 従弟の死に | トップページ | ため息をつきながら »