« 荒地に咲く花 | トップページ | 従弟の死に »

2014年6月26日 (木)

柘榴にギス

033


ざくろの真っ赤な花にキリギリスがしがみついていた。

この手の虫には花同様いろんな分類と名前がついているが、子供のころから蝶ほどには興味が無かったので、すべて”ギスチョン”ひとくくりしていたためかもしれない。

とにかく、この虫にとっては花を食べると言うのではなく、生命防御のため周りの緑に溶け込もうとしていたのだろうが、まったくの反対色に掴まっている。

複眼の虫は色を識別できると聞いていたのだけれど?.

.

今日は山行き。ふるさとの飛騨では、何かにつけて山に行って酒を酌み交わすことを山行きといった。

とくに高い山に行く必要は無い。野っぱらに行ってもよいし、田んぼのあぜ道でもかまわない。空の下、持ち寄った酒やつまみで車座になって遇でもない世間話をしながら、、、、、、、空が青ければさらに申し分がない。

真夏の暑い盛りのときでも、木陰に入れば涼しい風が吹き抜けて気持ちが良い。

そんな条件に今日はぴったりな空模様。お中元に貰ったビールをリュックに入れ、つまみは味噌と冷やしたきゅうり、池ヶ谷の山で待っている知り合いと合流。

ストレスなど感じてはいないはずだが、こういう時間は生き返ったような気分になる。

.

.

035上の柘榴は、まだ咲きかけの花であり、満開になると左のように開けっぴろげになる。

まさに美人の大笑いといったところか。しかし、花の赤さはほかの花のように薄れると言うこともなく、血の色にたとえられるように赤い。

この赤さに目を引かれたのが、ちょうど1,000年ほど前、中国にいた北宋の政治家 王安石。

”詠柘榴”という、五言絶句の中に”紅一点”という字を読み込んだが、この言葉が、現代の日本ではいまだによく使われている。

どんな政治家でも、軍功に長けた軍人でもその事跡ははっきりしないものだが、文人の文字は千年たっても生き生きと行きつづける。

|

« 荒地に咲く花 | トップページ | 従弟の死に »

コメント

白い猫様
写真の花は満開ではありません。
しかし、この赤さはかなり目立ちますよ。
コメントを書くと長くなりますので、上のブログに追加をさせていただきました。

投稿: オラケタル | 2014年6月28日 (土) 21時39分

岡崎在住様
岡崎市内へ行くより近いのでしょうか。岡崎城近くしか想像していませんでした。
隣の県ですが、市町村の名まえもですが、合併により範囲も定かでなくなっています。
失礼いま地図を見ました、国一の近くなんですね。

投稿: オラケタル | 2014年6月28日 (土) 21時36分

ざくろの花を初めて見せて頂きました。鮮やかな赤ですね。子供の頃には近所の塀越の庭木に実が生っているのを見ましたが、花の季節には気づかずにいました。キリギリスも童話の挿絵で見たくらいで、殿様バッタかと思ったくらいで恥ずかしいです。先日来見せてくださってる蜻蛉たちは、京都の町中ではお寺か料理屋の池のある庭にゆけば飛んでる事もありますが、とんと見かけなくなりました。子供の頃あんなに飛んでいたシオカラトンボやアキアカネは何処にいったのだろうと思います。草ッ原も溝も無くなり川も暗渠になった結果でしょうか。そしてお従兄弟様は残念でしたね。暑くなりますが、どうぞ御自愛ください。

投稿: 白い猫 | 2014年6月28日 (土) 00時46分

オランドコ(岡崎)の近くは三河山間部の近くやもんで、夏はギスやヒグラシが喧しんやさ(笑)毎週、蒲郡に買い物に行くんやけど、伊西峠みたいなところを通っていくんやよ。隧道が頂上にあるんやさな。(笑)

オラケタルさんのブログ見とって、この間、以下の採石場に妙に行きとうなって、10年ぶりに自転車行ったら、閉鎖されとってショックやった。大留めを彷彿させるとこやったんやけどな。残念。。。
http://www.geocities.jp/kamekamehp/kuwagai/kuwagai.html

投稿: 岡崎在住 | 2014年6月27日 (金) 23時34分

岡崎在住様
ギスをつれて嫁入りとは風流なことですね。
いまどきこんな花嫁さんはいないでしょう。
産卵管を持ったキリギリス。確かに雌は鳴きません。
しかし、このメスを籠に入れて置くと、恋に狂ったオスが何匹も近寄ってくるので、それを捕まえるのは虫取り上手というものです。
また、捕まえた後並べておくと、よく啼くんです。
真夏の草むらで ギースチョン

投稿: オラケタル | 2014年6月27日 (金) 22時06分

オランドコの母ちゃんが「ギス」が好きで、生まれは小鷹狩(飛騨古川)なんやけど、結婚する時、籠に入れてもってきたとか言っとった。もちろん山まで歩いてやさ(笑)鳴き声が好きなんやそうや。でも「ギス」とはきっと飛騨弁やな(笑)夏はおおずりだしの当りに捕りに行ったな。結構、栃洞で鳴いとったね。でもこの写真の「ギス」は雌やもんで鳴かんのやさ(笑)

投稿: 岡崎在住 | 2014年6月27日 (金) 20時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 荒地に咲く花 | トップページ | 従弟の死に »