« 車前草 | トップページ | 綱渡りをする »

2014年6月19日 (木)

畑仕事の後の西瓜

012


最近長野のほうに行くと、この花が道の両側にすっくと茎を伸ばして咲いている。

日本名をニワタバコともビロウドモウズイカとも言うらしい。

日本名はというところから外来種であることが分かっているが、ヨーロッパでは民間薬として古くから使われていた、というから、漢方薬ならぬ西方薬とでも言うことになるか。

この花、もともとは日本に観賞用に持ち込まれたのが野に放されたようで、秋には細かい毛の生えた細長い葉を、地面に広げているが、春になると花茎を立ち上げ50~100センチほどに立てて花を開かせる。

.

.  

003


昨夜来降っていた雨も上がったが、空一面に雲の広がる天気、宿から朝の散歩をかねて千曲川の川岸にでてみる。

山梨県や群馬県との県境から集めた水はまだ50kmほどしか流れていないが、最後には信濃川として日本一の大河になる様相はすでにこの辺でも感じさせ、悠々と流れ下っている。

今日はのこりの畑仕事が出来るのだろうかと心配しながら、立科町に戻れば、畑の土はからからに乾いている。

聞けば、こちらは星空が見えて一滴の雨も降っていなかっただろうとのこと、山の関係もあるのだろうか、直線にすれば3~40kmほどしか離れていないのに、、、、

これも、晴れ男のなせる業としたらたいしたものである。

午前中、がんばって土寄せしたおかげでようやく完了。シャワーを浴びて、その後に出た西瓜の美味かったこと、いっぺんに疲れが取れた。

と、おもって午後帰路についたが、よる年波途中で眠気が襲い、車を止めて仮眠を取りながらの帰宅となった。

|

« 車前草 | トップページ | 綱渡りをする »

コメント

TOMOKOさま
地球が狭くなったのでしょうか。
園芸品種ばかりでなく、道端に見たことのない花が咲きだし、名前を調べてもなかなか分からないことが多くなりました。
ニワタバコは、静岡でもずっと以前に地面にロゼット状の、毛深い草があったのを見ていますが、その後見なくなりました。まして、花を咲かせたのは、、、。
寒いところ向きの草なのかもしれません。

投稿: オラケタル | 2014年6月22日 (日) 15時52分

ニワタバコは初めて見ました。
畑仕事お疲れ様、スイカの美味しさが伝わります。
ヘラバオオバコでしたかしら? 5年位になるでしょうか?
我が家の近くで初めて出会った時には、芥子の花ビラが散ったものかと漠然と見たものでした。
そして近頃は土手でにも沢山生えています。繁殖力の凄さを実感します。

投稿: tomoko | 2014年6月22日 (日) 05時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 車前草 | トップページ | 綱渡りをする »