« 左前 | トップページ | ヤマボウシ »

2014年6月 2日 (月)

寝たらお終い

002


001カッポレ カッポレ

甘茶でカッポレ ヨーイトナー

甘茶の花。額紫陽花とどこが違う?と聞かれても自分には分からない。

花の下に書いてある名前でようやく判断している。なんでも葉っぱが少し違うから分かると言うが、素人目には言われても   ねぇ~  

しかし、この葉っぱを乾燥させて作ったお茶を飲ましてもらうと、、、、、

「そうそう この味だよ」と、懐かしいような気がするのは子供ころ潅仏会で飲まされた記憶からか。でも判然とはしない。

花の大きさが、ほかの紫陽花に比べて小さいのは西洋紫陽花のように品種改良と称していじくらなかったせいでもあるか。

.

.

この歳になったせいか、よく嫁と同居している姑の愚痴を聞く機会がある。

嫁の気配りのなさや、嫁に遠慮しなければ息子が怒るなど、、、、、

若いとき聞いた嫁姑の問題は、嫁が義母の顔色を伺いながら生活し、家計を任されるころまで相撲部屋の兄弟子は「無理偏に拳骨」と言われたのによく似ていて、理不尽な要求にも我慢を重ねで仕えている。という話を聞いたのは、こちらも同世代だったためもあるのだろうか。

若い嫁さんの意見を聞いたことがないので分からないが、最近の若い人の言動を聞く限りではマイペースであり、嫁不足がささやかれる中で「嫁に来てやった」と言う意識がありはしないか。

と、なると、いまの姑に当たる我ら世代の御婦人は、上に我慢し下に遠慮するという、一生我慢の生活と言うことになりはしないか。

その点我が家では、気兼ねをする必要のない老夫婦二人暮し、その分自我が強くなって些細なことで喧嘩ばかりしている。しかし、喧嘩するのは決まった相手、いつの間にやら引き際を心得てきて、眠ったらさっぱり流すことにしている。

以前は、二~三日 口も聞かないということもあったが、そんなに気力がいまはない。

とにかく疲れ果てて寝たらお終い。が鉄則とこころえる。

|

« 左前 | トップページ | ヤマボウシ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 左前 | トップページ | ヤマボウシ »