« ギンヤンマの産卵 | トップページ | 車前草 »

2014年6月17日 (火)

地上まで届く芳香

020

泰山木の花。大きな杯を思わせるような真っ白な花弁を広げている。

よく似た花に朴の木があるが、葉っぱの形が小さい上、裏が茶色を呈しているなどかなり違う。しかし、花の中央にある蘂の形や大きさは朴の木の花に引けをとらず、香もかなり高いところにあるにもかかわらず、朴の木によく似た芳香が漂ってくる。

花の直径は高い木のこずえにあり、なかなか手が届かないのではっきりはしないが20センチは優に越えていると思われる。

この木、名前から言って日本古来の木、悪くても遠い昔、中国から入った木かと思っていたらアメリカが原産たと言う。

なんだか、肩透かしを食ったような気がしないでもない。

.

.

明日はここ十年ほど恒例のようになっている連れ合いの同級会にひっかけて、ジャガイモ畑の草むしりと追い肥をしに行ってくる。

天気も明日は少し具合が悪そうなものの、名代の晴れ男と晴れ女が四人も行くのだから、天の神様も少しは気を利かせてくれるのではないかと期待している。

|

« ギンヤンマの産卵 | トップページ | 車前草 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ギンヤンマの産卵 | トップページ | 車前草 »