« ため息をつきながら | トップページ | いまが伸び盛り »

2014年7月 2日 (水)

天地に毒気みつる

Img_0109

今日は夏生。梅雨末期、天地に毒気が満ち、半夏という毒草が生じる日という。

カラスビシャクがその草だと言う説もあるが、その名をそのまま使った草が写真の花である。

葉の一部をこの時期に白くし、房状の花とあわせて目だ立たせている。

どうやらこちらは、白粉で半分化粧したと言うことから、”半化粧”とも書くと言うから、もともとはこちらが本名だったかもしれないが、ちょうどこの時期に花を咲かせることから、付けられたもので、決して毒草ではない。

ともあれ、高温と湿気で食べ物がすぐに腐ってしまうこの時期は天地に毒気が満ちていることは紛れもないことである。

|

« ため息をつきながら | トップページ | いまが伸び盛り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ため息をつきながら | トップページ | いまが伸び盛り »