« 床屋談義から | トップページ | 元気はどこに »

2014年7月27日 (日)

物忘れが

003

生い茂った茗荷の根元に茗荷の花が咲いている。

葉っぱを重ね合わせたような花包から淡い黄色の一日花を生み出すようにし咲かせているがいかにも頼りげのない花である。

自分はこの茗荷が好きで、よく茗荷畑を掻き分けて採ってくるが、じめじめとした根元を探っていると必ずと言っていいほど蚊にくわれる。

茗荷は食べたし痒いのは嫌だ。しかし、薬味としてそうめんに細かくきざんで入れるなり、味噌汁の具にするなり食べ方はさまざまあるが、食べて感じるしゃきしゃき感と匂いが好きか、そうでないかで決まる味であろう。

茗荷は古来食べられてきた食物であるが、実はならない。つまりは三倍体といわれる植物で、古いむかしどこからか日本に持ち込まれた植物だと言う。

そして、いつのころからか茗荷を食べると物忘れをする。と言われてきて、落語にもその物忘れを題にした「茗荷宿」と言うのがある。

ちなみに我が家の家紋は”抱き茗荷”であり、その紋所にしたがって近年物忘れが激しくなり叱られてばかりいる。

.

.

またしても中国の食品工場で不祥事があり、テレビを賑わしている。

腐った肉や床に落ちたミンチを拾い上げて容器に戻すなど、地元テレビ局が内部告発を受けて、隠しカメラで写した画像は、怒りより、驚きの一言であっけにとられている。

この映像からこういう工程を踏んでいる工場は一社だけでなく、ほかにもたんとあるに違いない。

さすが、四つ足は机以外なんでも食べるといわれる国だけのことはある。

しかし、一番不思議に思ったのはこの肉を使っていたマクドナルトやファミリーマートが「ただ唖然としている」と言う記事であった。

しかし、一番唖然としているのは、消費者であろう。幸いにしてと言うかマクドナルドやケンタッキーフライドチキンをまだ一度も食べたことのない自分は知らないのだが、この肉の生産地表示はどうなっているんだろうか。

中国製と分かってて食べていた?

それにしても、膨大な量の食材を購入しているにしてはあまりにも杜撰な管理体制、中国の食肉会社を視察するとき、前もって視察日を通告すると言うやり方では隠蔽を見つけることは無理であることくらい分からないのだろうか。職員を一人くらい常駐させるくらいの費用はでてくるはずであろう。

突き詰めて言えば、鶏を飼っているところまで調べてみたうえで、食品の安全を確保しなければならない。

食品の大企業と言うネームバリューに騙され、当然安全な食べ物と思っていた消費者がしっぺ返しをしなければ、こういう問題は次から次へとでてくるに違いない。

|

« 床屋談義から | トップページ | 元気はどこに »

コメント

岡崎在住様
その昔、ヨーロッパパの人たちは、保存していた肉の臭いのを消すため胡椒を求めてインドに向かった。と聞いています。多分、腐りかけてその臭いもひどかったんでしょうね。
そのころは、これらの肉に対して免疫力もあり、腹を壊す人も少なかったことでしょう。
かわって、最近は、農薬のほうが危険と言う事態になる。
人間以上に丈夫な身体を持つ昆虫を退治する農薬に抵抗力が出来る日はないでしょう。そんなことを思うと中国の人が生野菜を食べないのは賢明な考えでしょうね。

投稿: オラケタル | 2014年7月29日 (火) 21時51分

インド赴任歴3.5年のオリがきんのう、カミさんに「そんなもの熱を加えりゃどうさないで」と言って怒られた。中国の人は日本に来て生野菜を残すそうで、やっぱ中国での生は危険かね。でもハンバーガに生野菜(レタスやキャベツみじん切り)はつきものやけどな。(笑)今、中国語を勉強し始めたとこやけど、アメリカは「美国」やそうで、何でやろね。

投稿: 岡崎在住 | 2014年7月28日 (月) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 床屋談義から | トップページ | 元気はどこに »