« 今日もごろごろと | トップページ | ねじべえ »

2014年7月20日 (日)

浴衣で踊るかのよう

010


昨年安倍川の土手から持ってきた川原なでしこ。別名を大和なでしこというが、名前の由来は、頭をなでた可愛い子と言うところから来ているという。

この花は、古来歌に歌われるなど日本人に愛されてきた花であるが、その元はこの花の色にあるのではないだろうか。

長い茎の先に薄桃色の花を可憐に咲かせて、ゆらゆらと風に任せたゆれ方は浴衣を着た女の子が、舞い踊っているかのように見える。

しかし、儚げでありながら、生命力の強い雑草に混じって絶えることなく毎年花を咲かせる生命力の強靭さもむかしの人は見ていたのだろうか。

小柄な日本女性が、背の高い欧州勢に立ち向かう女子サッカーにその名を冠しているのはもっともなような気がする。

.

.

今年は、マレーシア航空にとって最悪の年となっている。三月の行方不明機はいまだに何の解明も出来ていないところに持ってきて、今回ウクライナ上空での墜落はまことに残念な出来事である。

新聞記事などによると、ウクライナ国内での内紛から、親ロ派といわれる組織がミサイルで撃墜したとの疑いが濃厚である。

これに対して、親ロ派と言われる団体は自分たちはそんな兵器を持っていないとし、後ろ盾になっているロシアはでっち上げであると国内向けに放送をしている。

しかし、墜落した飛行機の残骸や亡くなった人の捜査や調査を親ロ派が妨害していることや、これまでにウクライナ軍の航空機が何機か親ロ派によって撃墜されており、航空機を持たない親ロ派に対してウクライナ軍は対空ミサイルを撃つ必要もないことから、ロシア側の主張は説得力がない。

どの戦争でもそうだが、国や軍は国民に正直なことを説明したがらず、自分たち組織に良い状況を嘘を交えてしか発表しない。

日本でも安倍内閣になってから秘密保護法や憲法解釈の変更を進め、民主国家から内閣に都合の良い戦争中までの全体国家に戻そうとしている。

五十歩百歩なのかも知れないが、アメリカでもイラク戦争の折に、ブッシュ大統領は有りもしなかった化学兵器や原爆などが有ると国民を欺いて火蓋を切ったが、それでも、ロシアや中国が行っている報道規制や一党独裁に比べれば、、、、まだしも、といって良いのか悪いのか?

|

« 今日もごろごろと | トップページ | ねじべえ »

コメント

おばさま
戦争と言うものは残酷なものだと言うことが、安倍首相には分からないのだと思います。
勇ましく、ただ勇ましく、岸信介や佐藤栄作など先代から聞いた話しの世界に戻そうとしてだけ、、、
自分は、実際の戦場に立たないものエゴがみてとれます。
のちのち、「こんな日本に誰がした」と言われることでしょう。

投稿: オラケタル | 2014年7月22日 (火) 09時06分

マレーシアは本当に最悪な事故に見舞われ
さんざんですね
今回のはひどすぎ
いずれにしても家族の皆さんの心中は如何ばかりかと
心痛みます
日本も69年間守ってきた憲法を変え
一体何の目的で ただ自分の時に変えたかっただけのように思えて仕方ありません
安倍さんも所詮はお坊ちゃん育ち
ガッカリです

投稿: おばさん | 2014年7月21日 (月) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日もごろごろと | トップページ | ねじべえ »