« 夕暮れ時のもの悲しさ | トップページ | 綿の実 »

2014年11月15日 (土)

最後の耀き

001


柿の葉に夕日が当たり、その赤さがいや増して耀いている.

紅葉は寒くなると葉の付け根に水分を通しにくい理想というものができ、行き場を失った葉の中で造られたブドウ糖などの糖分と紫外線が光合成を起こし作られた色素だと言うことらしい。

植物によって、色のつき具合が違うが、植物がなぜ葉にある養分をすべて吸収せずに離層を作り捨ててしまうのだろうか。

おりから、プロの野球界は毎年のように戦力外通告として身体能力の落ちて不振が続いたベテランをはじめ、やっと数年前にドラフト会議でもてはやした選手を惜しげもなく切って捨てていく。

毎年金の卵が加入し、定員が決まっている球団にとって、新陳代謝としてみるしかないが、この人たちも球団から切り離される際、最後の輝きの場があったらな~なんて思ってしまう昨今である。

|

« 夕暮れ時のもの悲しさ | トップページ | 綿の実 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/60658554

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の耀き:

« 夕暮れ時のもの悲しさ | トップページ | 綿の実 »