« 変わりやすいは | トップページ | 暖かい日差しの中で »

2014年11月 5日 (水)

ファジー

015

今日は今年二度目の後見の名月。

曇りなき空に煌々と月は光り輝いている。

今朝ほどのワイドショーで気象予報士が言っていたことでよく分からなかったが、何でも後見の名月が二度あるのは、171年ぶりだとか。

その原因は旧暦の暦で今年は九月が二度あるためだといっていた。

そんな貴重な名月かと思うと余計に有り難味が出てくるから不思議。

旧暦八月十五日の満月を中秋の名月として祝うのは、中国から来た行事だが、翌月の十三夜の月を後見の名月として観賞するのは日本独特のことだといわれている。

なんでも完全なものよりすこし欠けているものに美を求めるというのは古来の日本人的考えだったようだ。

しかし、日本に来た外国人が感心するのは欠点のない正確さであり、鉄道の運行などを見てびっくりするそうで、逆に窮屈さえ感じるそうだ。

二十年あまりまえ、電化製品、ことにコンピューター関連で盛んにファジー(fuzzy)と言う言葉が使われたことがある。

日本語に直すと”曖昧”とか”ぼやけた”などという意味があるが、すこしくらいキーを打ち間違えても、機械のほうでその辺を修正してくれるように設計したものを言うんだと思っている。

それを意図したわけではなかったが、葉を落とした柿の木と月を重ねて写してみたが、暮れはじめた空に出た月は、焦点距離の違いからぼけてしか写らない。

これも日本人が愛する”ファジー”だ、なって、、、、、、

|

« 変わりやすいは | トップページ | 暖かい日差しの中で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/60603984

この記事へのトラックバック一覧です: ファジー:

« 変わりやすいは | トップページ | 暖かい日差しの中で »