« 濡れ落ち葉は | トップページ | 感謝祭 »

2014年11月26日 (水)

松に露

012


昨日ほどの降り方ではないものの、終日曇り空から細い雨が降ってきた。

雲の厚さはよほど厚かったのか、陽の光をさえぎって遅くまで外は暗かった。

そのくらい空を背景にして、松の葉の先端に丸い雨粒が宿っている。

松無古今色。”松に古今の色は無し”とか、ほかの木の葉は季節により葉の色が変わるが、松の葉は年中おなじ色で通すことから、何時も平常心でいることのたとえだとも聞いている。

それかあらぬか、細かい雨が満遍なく細い松の葉の先端に、同じような大きさの雨粒をつけている。

細い雨が細い葉の先に集まる。

考えてみれば偶然の産物であるが、これほど沢山水滴をつけるということは、雨つぶの数も並大抵のものではないんだろうな。

|

« 濡れ落ち葉は | トップページ | 感謝祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/60718232

この記事へのトラックバック一覧です: 松に露:

« 濡れ落ち葉は | トップページ | 感謝祭 »