« 栃餅 考 | トップページ | 夕暮れ時のもの悲しさ »

2014年11月13日 (木)

吹き始めた風

001

今年一番の冷え込みに加えて強い西風が吹き上空の雲を追っ払ってくれた。

東のかた富士山は白い雪煙を上げているのがすこし老眼に入った遠目で望むことが出来る。

北のほうでは冬将軍が戦線を拡大し、ふるさとの近く、奥飛騨の平湯温泉からは雪景色になったという頼りもとどいた。

ただ、ご同輩が集まる池ヶ谷の山は、西側に賎機山が壁になってくれてるおかげで、風の影響を避けてくれているので格好の陽だまりになりぽかぽかと暖かい。

近くの畑から採ってきた蜜柑をほうばりながら雑談が始まったが、主題は、急に吹き始めた国会の解散風、、、、、

朝のテレビで仕込んだ選挙費用700億円から話しが始まったが、まだ首相が解散と言ったわけでもないのに、、、もう止めようがないところまで言ってしまっていることの不思議さ、、、、

株高ー円安になれば日本の景気は回復するはずではなかったのか、、、、

男の話しはエスカレートし、ヒートアップしていく、、、、これも陽だまりのなせる業。

冷たい風に吹きさらされているところならこんなに長談義にはならないのだろうけれど、、、、、

結局、長談義を収めたのは昼間近になって、腹が空いてきたきたことにある。

|

« 栃餅 考 | トップページ | 夕暮れ時のもの悲しさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/60646436

この記事へのトラックバック一覧です: 吹き始めた風:

« 栃餅 考 | トップページ | 夕暮れ時のもの悲しさ »