« 感謝祭 | トップページ | 黄蝶を見て »

2014年11月28日 (金)

ヤブコウジの赤い実

005


ヤブコウジの赤い実を蜜柑の木の下草として見つけた。

高さ15センチほどの小さな木であるが、引っぱって見るとずるずると蔓のように動き、根元がどこにあるか判らない。

全く木だか草だか分からない植物である。

しかし、こんな木でも古くから日本では親しまれてきた植物で、別名を”十両”と呼ばれて、縁起物として寄せ植えなどで扱われてきた。

そして、江戸時代末期にはかなりの高値で取引されていたという話も有り、「へ~」と驚くばかり、、、、落語の寿限無のなかで「やぶらこうじ ぶらこうじ」と言われているのは、このヤブコウジだと、、、これは受け売り 

とにかく小さな木に似合わず、万両と同じくらいの大きさの赤い実をつけている。

|

« 感謝祭 | トップページ | 黄蝶を見て »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/60728252

この記事へのトラックバック一覧です: ヤブコウジの赤い実:

« 感謝祭 | トップページ | 黄蝶を見て »