« グウチョキパーの関係 | トップページ | 氷が張って »

2014年12月17日 (水)

酔いしれて

Img_0085


気の早い水仙が水辺でもう咲きだしていた。

ナルシストの異名どおり、水に映った己が姿に恋をして花になったそうだが、おりからの風に吹かれて茎を左右にゆすって、美しさに酔いしれているようにも見えた。

.

.

気のせいかと思ったが、やはり白いものが舞っていた。

気温は三度ながら風は強く、その風に吹かれて右に左に、そして、上下にと白いものは舞いなかなか地上には降りられない。

空の南半分は青空で日もさしているが、北半分は白っぽい雲で覆われている。

多分この雲から舞い降りてきた、風花(かざはな)なんだろう。

北のほうは、ふるさとを含めて吹雪の中だから、この程度の風と風花はご愛嬌といったところ。

それにしても、この時期にして、気象学者さえ驚くほどの気圧配置で、北海道では、雪と風に加え、高潮を伴って水害まで起きているのが放送されていた。

これでは、ダブルパンチならぬトリプルパンチ以上であり、お気の毒としか言いようがない。

|

« グウチョキパーの関係 | トップページ | 氷が張って »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/60825572

この記事へのトラックバック一覧です: 酔いしれて:

« グウチョキパーの関係 | トップページ | 氷が張って »