« 立ち枯れ | トップページ | 酔いしれて »

2014年12月16日 (火)

グウチョキパーの関係

001

夕方になって急に風が強くなってきた。

テレビの予報どおりの状況であるが、一時は台風並みの風で電線は揺れ、おぼえたての口笛のような音がする。

そんな状況を本能的に知っていたのか、夕方前の庭で、メジロとヒヨドリが椿の枝に刺した蜜柑を取り合っていた。

と、言ってもメジロとヒヨドリでは体格に差がありすぎて喧嘩にはならず一方的にメジロが追い払われてしまうのだが、そこに、窓越しの人間が現れると状況は変わる。

ヒヨドリは警戒心が強いらしく、家の中で人間が見ていると思うと、すぐによそに飛んでいってしまう。

その隙を突いてメジロが物怖じもしないで蜜柑をついばんでいる。

何だかジャンケンポンのグウチョキパーや三すくみのような関係が小さな庭とガラス戸をはさんで出来上がっているような感じがする。

パソコンの調子が悪く、どこまで出来るのか心配しながらのブログである。

|

« 立ち枯れ | トップページ | 酔いしれて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/60820910

この記事へのトラックバック一覧です: グウチョキパーの関係:

« 立ち枯れ | トップページ | 酔いしれて »