« 北日本には | トップページ | 年末の帳尻りあわせ »

2014年12月 8日 (月)

声を枯らして師走

005


サネカズラの実が真っ赤に熟れて陽の光を照り返している。

サネカズラは漢字で書くと実蔓と書き古来から人々に愛されてきたようで、この実を読み込んだ歌は数知れずある。

また、粘り気のある果汁はいまで言うリキッドのような効果を出させ、鬢付け油代わりに使われたこともあるらしい。

名にしおば あうさかやまのさねかずら 人に知られて来る よしもがな 

と詠たい、百人一首に採用され、今の世でも知られている三条右大臣、(多分藤原家にうまれ、貴族としてのほほんとして過ごした人なんだろうけれど)政治的には何をしたかわからないが、作った歌は千年後にも残っている。

.

十二月を師走と名づけたのは、どう言う謂れからか分からないそうだが、平安時代ころから、”しはす”と言う言葉があり、その当て字であるということは定説のようだ。

しかし、この当て字はよく付けたもので、先生方は今日も声を枯らして右往左往と走り回っている。

|

« 北日本には | トップページ | 年末の帳尻りあわせ »

コメント

おばさまのところは、真夜中に記者会見した環境大臣の地元でしたか。
本当に、投票したい人がいませんねぇ。
”帯に短し襷に長し”と言う言葉がありますが、いずれも短い人ばかり、そして、当選してもわれわれのことはさっぱり忘れて、自分の栄達と保身ばかり、、、、
でも行かなきゃ、、、行って少しでも自分に義務を果たすのが民主主義ですから、、、、、

投稿: オラケタル | 2014年12月 9日 (火) 21時51分

いつも読み逃げでごめんなさい
師走
我が地の方はまだ廻ってきませんが
あと僅かで判定が下されますね
これぞという候補者もなく党もなくdown
私の選挙区では環境大臣と大きく書いた
ポスターが風に揺れています
深夜の記者会見はなんだっただろ・・・と
でも投票には行きますよ

投稿: おばさん | 2014年12月 9日 (火) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/60779903

この記事へのトラックバック一覧です: 声を枯らして師走:

« 北日本には | トップページ | 年末の帳尻りあわせ »