« 寒もち | トップページ | 蕗の薹 »

2015年1月22日 (木)

黒雨

004

昨日午後から降り出すと言われていた雨を朝方まで持ちこたえていた雲も、ついに堰が切れたように降り出した。

厚い雲が一晩中かかっていただけに、寒気が入り込めなかったようで、氷雨と言うような状況ではなかったが、空の黒さが示すように雲が厚いらしく、日中になっても薄暗い感じの一日である。

まさに”黒雨”と言う字がそのまま当てはまる一日である。

庭のサザンカもそろそろ最盛期を過ぎて、根元に花びらを撒き散らし、遅咲きの花びらに露をしたたらせていたが、晴れた日には耀いて見える花びらも、この暗い天気の中では深沈と沈み込んでいる。

.

そんななか、メジロがどこへ行っても餌が無かったのか、軒下の金具に刺しておいた干からびた蜜柑をついばみに何度も来ていた。

あまりの哀れさに、同級会の案内状を出しに郵便局へ行った帰り、総菜屋さんで一袋110円の蜜柑を買い、二つに割って金具に刺した。

.

.

十年ほど前、イラクで日本人三人が武装勢力に捕らえられ人質にされたとき、一部で「自己責任」と言う声が上がり、新聞にも載った。

そして、昨日シリアで捕まった二人に二億ドルと言う法外な身代金を出さなければ72時間後に殺害すると言う映像が流れ、テレビは大騒ぎをしている。

しかし、今回は「自己責任」を口にする人はいない。報道によれば、どちらも「行かないほうが良い」と止めらたのを振り切って行ったそうだ。

.

最近になって連れ合いが、何十回も登った安倍川周辺の山に行くと言うと「もし、その辺で遭難したら人に迷惑をかけるからよしなさい」という。

「本人は助けが要らないといっても、放っておけないから大勢の人が行かなければならないんだよ」

外国で人質になれば、小さなヨットで荒海に乗り出して遭難したときも、、、、国民の生命を守るのが義務である。

自己責任とは、、、、考えさせられるのだがその境目はどこにあるのだろうか。

          わからない。

|

« 寒もち | トップページ | 蕗の薹 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/61015371

この記事へのトラックバック一覧です: 黒雨:

« 寒もち | トップページ | 蕗の薹 »