« クイナ? | トップページ | 霞塵をはらって »

2015年1月14日 (水)

暖を求めて

025

雨が降ったのはいつだったか、忘れてしまうくらい長い間、青い空の天気が続いた。

その青い空が逆に寒気を引き込んだようで、放射冷却で麻機沼の周囲の草も枯れはて、一面枯れ葉色の野ッパラに変えてしまった。

そして、その寒気に耐えかねてか、青サギの一団が風の当たらない陽だまりで、眠れなかった夜を取り返そうとウツラウツラで過ごしているのが、遠目ながらよく分かる。

.

.

今日は神戸と淡路島を中心に直下型地震が起きてから20年だと言う。

”十年ひとむかし”というから、その後に起きた東北の地震の陰に隠れて、思い出すことも僅かになってしまったが、明け方に起きたおきた地震の影響も、テレビなどで詳しく放送しなかったため、現場に入ってから聞いたぐらいである。

もちろん、地震の起きたときには目が覚めていたので知ってはいたが、報道各社の立ち上がりは遅かった。もちろん政府の危機管理もいまほど充実していなかったので、当時の村山内閣の不手際が後になって問題化された。

それから、20年。今年はその年に生まれた子供たちが成人式に出席する年頃になってはきたが、地震をはじめ天災はいまだにどれも予知が出来るような時代にはなっていない。

毎年のように起きる天災は地球温暖化という人災を加えて、ますます激しさをつのらせていく。

今年は、この人災を少しでも減らすためにも、化石燃料の使用を少しでも減らそうと思ってはいるのだが、、、、、よる年波か、静岡の気候になれたためか寒さが身にしみるようになり、少しづつ、灯油の使用量が増えつつあるのが気にかかる。

|

« クイナ? | トップページ | 霞塵をはらって »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/60974618

この記事へのトラックバック一覧です: 暖を求めて:

« クイナ? | トップページ | 霞塵をはらって »