« 春に三日の晴れ間なし | トップページ | 桃割れの初々しさ »

2015年3月 3日 (火)

ちりめん細工って?

Img_0133


Img_0135急な階段を登りきると目の前につるし雛が暖簾のように下がっていた。

先日、旧天竜市に行ったかえり、磐田市の”花咲きの庄”に立ち寄り、食事をした後その二階で催されている展示会を見てきたのだが、この建物は江戸時代の造り酒屋で庄屋だった建物だそうで、県の重要文化財に指定されているとか、、、

そんな、関係で二階にあがるには傾斜が70度くらいある急勾配の階段を登らなければならない。

展示物は三月のひな祭りにちなんでか、つるし雛や鞠、雛人形、そして、初めて見るちりめん細工とさまざまな飾り物が所狭しと置いてあり、まさに、旧家の納屋を開いたと言うような感じさえした。

花咲きの庄での食事、、、、、?

人にはそれぞれに好みがあり、一概には言えないが砂糖や味醂で甘くした味を好まないわれわれにはチョットと言う感じで、一般の評価よりは厳しい採点をした。

|

« 春に三日の晴れ間なし | トップページ | 桃割れの初々しさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/61225481

この記事へのトラックバック一覧です: ちりめん細工って?:

« 春に三日の晴れ間なし | トップページ | 桃割れの初々しさ »