« 人はどれだけ | トップページ | 春の小川は »

2015年3月11日 (水)

風に吹かれて

Img_0262


Img_0263


昨日今日と二日連続して強い風が吹き、電線が低くうなっていた。

テレビでは、北海道などで猛烈な風と雪が降っているそうだし、ふるさとや北陸地方などでも戻り寒波で冬に逆戻りをしていると報じていた。

それに比べれば、静岡の風と寒さは屁でもないほどだが、麻機沼のしだれ柳は、その細い枝先を水平になびかせ、北から渡ってきて、寒さや風に強いはずのツグミも土手下の陽だまりに逃げ込んでいた。

.

.

今日三月十一日は東北地方を襲った地震から四年目になる日であり、テレビは終日この関係の話題を取り上げていた。

しかし、いつものことながら各局とも報道協定を敷いているかのようにお涙頂戴式の話題ばかり、これでは、日本にいくつも放送局がいらないのではと言う感想さえでてくる。

もちろん災害の記憶や教訓は大事である。しかし、こういう話題を取り上げておけば視聴率が上がるだろう。と、国民をなめきっているように見えて仕方が無い。

もっと原発の技術的なことなども取り上げておかなければならないが、政府自民党が電力業界をおもんばかって再稼動の方向を出していることにマスコミは異論を唱える気が無いらしい。

そんななか、わずかに小泉元総理が、「日本の基準が世界地厳しいと言うなら、フランスアメリカの基準よりどう厳しいのかの比較した説明が必要だ」「首相が原発を止めるといえばいまの自民党で反対する人はいない」「自然エネルギーなどに回帰すればそれだけ技術が進歩する」などといっていたが、震災から四年東京電力はいまだに汚染水などの事故隠しに奔走し信頼はますます失墜していく。

風に吹かれてその場その場の雰囲気任せ、報道の自由とやらも風前のともし火という気がして、、、、、、、何だかお先真っ暗

|

« 人はどれだけ | トップページ | 春の小川は »

コメント

おばさま
何だか上っ面だけ体裁をつくろっておけばと言う感じしかしませんでしたね。
とにかく、地震が発生し、原発が壊れて以来四年、前の政権を始め、東京電力の誰も自ら責任を取った人がいないのは、前の戦争同様、日本人の特徴なのでしょうか。
これでは、反省のしようがありませんね

投稿: オラケタル | 2015年3月12日 (木) 17時24分

昨日はどのチャンネルも震災の事ばかりでした
忘れてはいけない
風化させてはいけない
勿論その通りだと思いますが
政府主催の追悼式をなぜ国立劇場で
開くのか・・・・私には理解できません
帰還困難区域の方々や
原発周辺は手つかずのまま
それでも竹下復興相は
全域の除染は現実的な対応ではないと
発言していた
除染対象を選択することは難しいかも
知れないが、1日でも早い復興を祈るのにみですhappy01

投稿: おばさん | 2015年3月12日 (木) 14時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/61266336

この記事へのトラックバック一覧です: 風に吹かれて:

« 人はどれだけ | トップページ | 春の小川は »