« 雨後の竹の子 | トップページ | 微妙? »

2015年4月10日 (金)

忘れな草

Img_0063


昨年咲いた花から出来た実が飛び散っていたらしく、あちこちに忘れな草の花がコバルトブルーの花を咲かせ始めた。

「わたしを忘れないでください」といって、川を流れていった青年のようにこの花は時期になるとどこからともなく芽吹き花を咲かせる。

この花は、四~五年前由比正雪の菩提寺である沓ヶ谷の菩提寺にいったとき貰ったもので、芥子粒のようなちいさな種だったが、繁殖力が強いようで、ほったらかしにしておいたものの子孫である。

繁殖力が強いといっても、三つ葉や明日葉ように繁茂するというのではなく、毎年、十株ほどつつましく咲くのが奥ゆかしい。

.

.

昨日、最高裁は、校庭から飛び出してきたサッカーボールを避けようとして骨折をし、それが原因で寝たきりになった後、肺炎で亡くなった人の家族が慰謝料を子供の親に請求していた問題で、親の責任はないという判断を下した。

と、なると、ボールを避けようとして怪我をし、その結果亡くなった人はなんだったのだろうか。

いま、家の近所には小学生がいて道路でボール投げやスケボーなどで走り回っている。

自分たちのころは、遊ぶ場所がたくさんあったのだが、いまの子供たちは道路で遊んでは駄目。公園で野球などしてはいけない。知らない人に声をかけられたら無視をして逃げて来い。など外で遊ぶところがない。

可哀想といえばそうなのだが、もしこの行動で、事故を起こした場合、、、、、、、被害者、加害者とも責任は、、、

この問題はいろいろ判断の分かれるところであると思う。

昨年だったと思うが、徘徊老人が起こした列車事故に、その家族が1,000万円だったかの賠償を払うよう判決を下していたのと相反しているのではなかろうか、、

ボケて徘徊する老人を一家族が四六時中の監視しているのは難しいことなのだが、それでも責任はあるという判断であった。

小学生の場合、言って聞かせればまだ分かるのだが、すこし前に食べたご飯さえ忘れるものに言って聞かせるのは、、、、、、、、

判決内容も、曖昧な点があり、親の責任も全てがなくなったわけでないとなると、その線引きが裁判官の心証や弁論の技術に左右されかねないような事態になりそうである。

とにかくややこしい時代になったという気がすると共に、こういう問題に巻き込まれないことばかりを祈るしかない。

|

« 雨後の竹の子 | トップページ | 微妙? »

コメント

岡崎在住様
おや懐かしい名前を聞きました。
100歳ですか。そうなんやろね。
飛騨市の広報を見ました。写真では昔の面影がないように見えたのは着ている服のせいかな?それとも、頭に手ぬぐいをかぶっていないせいかな?

投稿: オラケタル | 2015年4月20日 (月) 17時04分

菅原洋一さん金曜日にNHKで見たよ。元気やさ。中曽根元総理大臣はどうやろね。結構なお歳。病気せな「お前100までワシャ99まで」やろね。田口のオバちゃん(菓子屋)は2014年で100歳になったそうや。(^_^)

http://www.city.hida.gifu.jp/b_sougou/w_kouhou/w_kouhoushi/data/201404_4_kouhou.pdf#search='%E7%94%B0%E5%8F%A3%E3%83%88%E3%82%B7+%E7%A5%9E%E5%B2%A1'

投稿: 岡崎在住 | 2015年4月19日 (日) 19時12分

おばさま
今回の最高裁の判断は、予測できなければ責任がないというはっきりしない基準で棄却しています。
補助金を受けた企業からの政治献金も、「知らなかった」という一言で責任を逃れています。
それが通りなら、法律ってものは何なんだろう。

勿忘草をあなたに  そういえば、優しい声の菅原洋一さんしばらく見てないですね。

投稿: オラケタル | 2015年4月11日 (土) 16時49分

責任の取り方は難しいと考えさせられる判決に
今朝のテレビは持ちきりでした
一審二審で有罪になったのにどうして最高裁に
持ちこんだのかわかりません
親が不服を申し立てたのでしょうが
それがわかりません
コメントも安堵したと言っていましたが私は
納得できません

勿忘草 好きで今年買いましたが
繁殖力が強いことに期待します


投稿: おばさん | 2015年4月10日 (金) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/61419546

この記事へのトラックバック一覧です: 忘れな草:

« 雨後の竹の子 | トップページ | 微妙? »