« 綿毛を飛ばし終えて | トップページ | おのこあり »

2015年5月 3日 (日)

親亀の背中に子亀を乗せて

Img_0696


親亀の背中に子亀乗せて、、、親亀こけたら皆こけた。

こんなざれ歌をよく聞いた。麻機の沼に大繁殖している赤耳亀が石の上に上がって日向ぼっこしていた。小さなときはミドリガメなど、といって愛らしい亀だが成長するにしたがって飼えなくなった人が沼に放流したものが増えていき、在来の石亀などを圧迫しているようだ。

安倍総理はアメリカの国会で日本の国会で審議していない軍事協力を約束してしまった。

国会軽視と言うか、つんのめってしまっているというか。とにかく危ういことこの上もない。

多分、中国との摩擦の後ろ盾になってもらいたいの一心かと思うが、アメリカが万全などと思っていると、いつこけるかもしれない危険性が垣間見えている昨今、心配はないのだろうか。

この先アメリカのお先棒を担ぐには、思いやり予算を含めて、軍事予算をもっと獲得しなければならなくなってしまうだろう。

ただ、どんなに予算をとっても最後は人的資源になるだろうから、憲法9条を変えるついでに徴兵制も施行していくようになる。

今日は憲法発布記念日。

自分らみたいに老いさらばえたものは関係ないが、若い諸君は選挙に行かないと、将来鉄砲を担がされ戦場に行くことになるぞ~、、、、、、、

|

« 綿毛を飛ばし終えて | トップページ | おのこあり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/61539768

この記事へのトラックバック一覧です: 親亀の背中に子亀を乗せて:

« 綿毛を飛ばし終えて | トップページ | おのこあり »