« 半夏生ず | トップページ | かってこの地は »

2015年7月 3日 (金)

大雨は東海沿岸部

004


朝から梅雨前線が東海地方から関東にかけて居座っているようで、激しい雨粒が庭木の葉を上下に震わせている。

テレビは、あちこちの水害を放送しているため長野の義妹が昨年の床上浸水をしているのではないかと電話してくれた。

ただ、我が家付近では激しく降ってはいたけれど、小止みの時期もあり、水位はそんなに増えてはこなかった。

.

.

アガパンサスの水色の花は、すっかり梅雨時の花として定着してきた。

和名を紫君子蘭というが、葉っぱが少し似ているというだけで名付けられたと聞くと、命名間違いというしかない。

誰が名づけたのか知らないが、もう少し和名をつける際に工夫があってしかるべきではなかっただろうか。

そのためか、和名が普及することはなかったみたい、、、、、、

ともあれ、花は強い雨に打たれながらも首をうなだれさせることもなく、気丈に首をもたげている。

.

.

きのう、従兄弟に当たる本家の連れ合いから声が聞きたくなって。と電話が入った。

電話の声は、今まで聞いたことがないほどかすれており、かなり重病を予想させる気配だったので、お盆前にふるさとへ帰る予定にしていたこともあり、見舞いがてらに行くことにした。

長野の義妹も言っていたし、ネットの天気予報も大雨は東海地方沿岸部だけのようなので、飛騨と信州の境も曇り空を予想してのことである。

来週になれば、台風が連続して影響を与えそうだし、いましか無いっしょとばかりに、、、、

|

« 半夏生ず | トップページ | かってこの地は »

コメント

おばさま
早速行って来ました。
自動車で、山梨県から長野県松本市、その後上高地のそばを通り飛騨に入るのですが、時間にして五時間あまりの運転。
帰りは、高山から東海環状道路に入り、透明を使って帰ってくるのですがこちらも一般道を2時間高速自動車道を4時間以上。
合計750km疲れました。
病人のほうは、かなり危険なようで、自分では近いうちの死を覚悟しているようです。
それでも、機嫌よく、、、、行って良かったと思っています。

投稿: オラケタル | 2015年7月 5日 (日) 21時55分

こちらも大雨警報が発令されましたが
大事には至らずほっとしました
雨も必要ですがあまり多いのも困りますね

齢を重ねていくって辛いことや悲しいことも
出てきますが避けられない事実でしょうね
是非 従兄弟さんのお見舞いに行って
元気なお顔やお声を聞かせてやってください
キット励みになりますよ

投稿: おばさん | 2015年7月 3日 (金) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/61832548

この記事へのトラックバック一覧です: 大雨は東海沿岸部:

« 半夏生ず | トップページ | かってこの地は »