« ついに初クーラー | トップページ | 暑さをいや増す »

2015年7月14日 (火)

夕陽を受けて更に

012

今日も暑い一日となり、熱中症で何人かの人が倒れてしまったと聞く。

そのため、昨日同様日中は家に閉じこもっていたが、夕方、日が翳ってからの散歩になった。

夕日が赤く染めてから、散歩の道すがら安東川の土手を歩くことになったが、いまこの川の周りはトンボでおおわれている。

シオカラトンボ、キンヤンマ、チョウトンボ、ショウジョウトンボ、アキアカネ、そして、イトトンボなど十種をこすトンボが入り乱れてが飛び交っている。

他の種にはあまり関心が無いものの、同種だとそれぞれの縄張りをめぐって追いつ追われるの乱闘に明け暮れている。

その中で、いま一番目立つのはショウジョウトンボとメタルカラーのチョウトンボであろう。

そのひとつ、ショウジョウトンボは、羽根以外全身真っ赤な色合いが名前の由来であり、想像上の動物猩猩から来ているといわれている。

この赤さは、オスだけのもので、メスはまだ赤くなっていないアキアカネを少し小さくしたようで、一見しただけでは分からない。

しかし、一匹のメスが入ってくると、周りのオスもすばやく反応し、それこそ、戦国時代末期に勇名をとどろかせた武田や井伊の赤い甲冑を身にまとった”赤備え”の武士を思わせる雰囲気がある。

|

« ついに初クーラー | トップページ | 暑さをいや増す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/61888174

この記事へのトラックバック一覧です: 夕陽を受けて更に:

« ついに初クーラー | トップページ | 暑さをいや増す »