« ビーズを撒き散らかして | トップページ | 猿も滑る? »

2015年8月10日 (月)

目立たない花

011


ショウジョウソウにヤマトシジミが蜜を吸いに来ていた。

葉っぱの一番上の部分が真っ赤に染まり、花びらの役目を果たしているからこそ、ここに花があると分かる程度のお粗末な花に、、、、、

小さな丸い種袋の先に1mmほどの小さな黄色い雌しべが見えるところが花である。

漢字で書くと”猩猩草”となるが、この草の生命力は強く、もともとは島田で道端にあった草の一部を手折ってきて、土に突き刺しておいただけのものが根付いたのである。

翌年から増えすぎて困るので、根ごと抜いて選っているのだが、種がこぼれるらしく予想もしないところから芽をふいてくる。

ちいさな我が家の庭で一番猛威を振るっているのは、猩猩草と三つ葉である。

|

« ビーズを撒き散らかして | トップページ | 猿も滑る? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/62057917

この記事へのトラックバック一覧です: 目立たない花:

« ビーズを撒き散らかして | トップページ | 猿も滑る? »