« 高嶺ルビー | トップページ | 羊の如し »

2015年10月29日 (木)

途中で見るのをやめた

027
高原川を挟んで立ち並ぶ神岡の中心街、正面霧に包まれたほうと右上に鉱山がある。

.

自分が生まれ育って、39歳までいた神岡町はノーベル賞に関与したカミオカンデがあることで、明るい話題になっているが、その前はイタイイタイ病の公害を出したということで、悪名をはせていた。

そのもとは、いずれも町の北側にある鉱山である。

鉱山の最盛期には、27,000人余の人がいて、町から市になるのも間近と思われていたが、非鉄金属が国際商品となってからは、鉱物の含有品位がたかい世界の鉱山に太刀打ちができず次第に寂れていき、坑内での採掘をやめてから人口も半減してしまった。

それだけに、昨夜は神岡町を主題にしたドラマ「ガッタンガッタン それでもゴー」がNHKで放送されるというので、期待をして見ていた。

しかし、あまりにも予想とはなれたストーリーと背景の画面にあきれてしまい一時間ドラマの半分でスイッチを切ってしまった。

前半しか見ていないのだが、20数キロはなれた隣村の一重が根の本陣という温泉旅館や下流15キロほどのところにある、カミオカンデの坑口がまるでひとつところにあるような設定。

そして、坑内を走るバッテリー電車を何も知らない素人が運転したがるなど、荒唐無稽もいいとこ、、、、、

多分、このドラマの自分以外のも神岡にいる人や居たことのある人が期待し、見ていた人は何万人といたことと思うが、感想はどうだったんだろうか、、、

聞いて見たい気がする。

|

« 高嶺ルビー | トップページ | 羊の如し »

コメント

岡崎在住様
期待するほうが無理ということですね。
たしかに、街中を歩いていても、知った顔はなし、
いま浦島ですよね。

投稿: オラケタル | 2015年10月30日 (金) 22時08分

今、you tubeで動画をみたけど、まず飛騨弁が全然なっちょらんな(笑)温泉旅館なんぞは、おらん時の時代はあんまり印象ないしな。やっぱ平湯の神岡寮ぐらいやさな。昔を想い起すような景色はもう存在せんし、期待するのは無理ということやね。

投稿: 岡崎在住 | 2015年10月30日 (金) 20時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/62573831

この記事へのトラックバック一覧です: 途中で見るのをやめた:

« 高嶺ルビー | トップページ | 羊の如し »