« もちゃげて落とす | トップページ | 案に相違して »

2015年10月26日 (月)

葉っぱがなくても

Img_1665


ヤマジノホトトギス、日本には十六種類ほど自生のホトトギスがあるが、静岡あたりで一番目に付くのが、このホトトギスだと思う。

夏鳥の不如帰(ほととぎす)の胸の斑点にこの花弁の斑点が似ていることから付けられた名前だということは容易にわかる。

今年はこの葉っぱを食べる虫が沢山発生したらしく、庭に植えてあるホトトギスの葉はすこし見ていない間にきれいさっぱりと食われてしまっていた。

しかし、そこは野生のすごさというか、種を残さないと、という使命感からか、棒のような茎の脇から花芽を出し開花をし始めた。

「親はなくとも子は育つ」をもじって「葉っぱはなくても花は咲く」

|

« もちゃげて落とす | トップページ | 案に相違して »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/62555298

この記事へのトラックバック一覧です: 葉っぱがなくても:

« もちゃげて落とす | トップページ | 案に相違して »