« 泣く子と歳には | トップページ | 引き継いで »

2015年11月 7日 (土)

もう少し待っていよう

Img_1718


軒につるした干し柿が、斜めに当たる陽光に答えるように紅く輝いてきた。

みずみずしいその赤さは、食欲を誘う。

吊るしてまだ間もないのだから、まだ渋みが残っているはずであり、その渋みは子供のころから、さんざん経験済みなので舌は覚えている。

太陽の光を思う存分吸って、干し柿は甘く甘く育っていくのを今しばらく待っていよう。

 .

.

動物のように天敵から逃げ回ることができない植物は、苦味とかえぐみなどの、いわゆる灰汁という自衛手段で身を守っている。

白菜やキャベツなどの野菜は長い間、人間に栽培される過程でその苦味やえぐみを消されてきたが、山菜と言われる植物はその苦味が珍重されて「これが分かるのは大人になったしるし」などと逆に喜ばれている。

独活や野蒜などの植物はたまったものではない。

|

« 泣く子と歳には | トップページ | 引き継いで »

コメント

岡崎在住さま
おおっ! 渋柿を食べたことがありませんか?
そういえば、和佐保にあったような気もしていますが栃洞にはなかったような、、、
とにかく私は果物好きですから、渋柿はもとよりやまぶどう、アケビ、サルナシ、、、など手当たり次第に食べたものです。

投稿: オラケタル | 2015年11月 8日 (日) 22時01分

今秋、息子の嫁さん実家(岐阜関市)から、庭で採れたという甘柿を送って頂き、「柿」を約50年ぶりに食べたけど甘かったな。でも渋柿の味はあんまり思い出さんな。渋いということで食わなんだもんな(笑)ナツメやグミ、アケビも美味かったな。50年前やな。

投稿: 岡崎在住 | 2015年11月 8日 (日) 09時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/62634044

この記事へのトラックバック一覧です: もう少し待っていよう:

« 泣く子と歳には | トップページ | 引き継いで »