« 疑心暗鬼 | トップページ | かなり長命なんだけど »

2015年12月 1日 (火)

出動を前にして

Img_1884


Img_1883巴川の岸辺にゴイサギが夕日を浴びてじぃっと立っていた。

羽根の色の具合から見て、まだ完全に親になりきっていない今年うまれの幼鳥とみた。

ゴイサギは、夕方か夜にかけて餌を探しに川べりに出て来るそうだから、どこかのねぐらからここに出かけてきたと見るべきか。

人間で言えば、職場に来て出勤時間までの一服といったところなんだろうな。

宙を見据えたその鋭いまなざしは、これからの餌探しを前にして精神力を集中させているように見えんでもない、、、、、

ひょっとして、足の格好は五郎丸かぶれかぁ?。

.

.

孫娘が就職の内定をもらったそうで、家中で大騒ぎをしている。そのとばっちりで、毎年誰かが気に掛けてくれている、じいじの誕生日はどっかへ吹っ飛んでしまった。

もうこの歳になれば誕生日なんて関係ないし、歳は忘れることにしよう。と、少しひがんでいたら、郵便局員が「○○さんですね。マイナンバーです」と手紙を持ってきて、サインをしてという。

中を見れば何の脈略もない数字が並んでおり、夫婦というのに全然関係のない数字になっている。

それはともかく、死ぬまでこの番号が何かと必要になるのだろうか   ウザッタイかぎり。

そういえば住基カードというのもあったが、ぜんぜん使わずに済んだがあんなふうになれば、税金の無駄遣いということにもなる。

果たしてどうなのか。

|

« 疑心暗鬼 | トップページ | かなり長命なんだけど »

コメント

岡崎在住さま
誕生日も「冥土の旅の1里塚」という印象が強くなってきました。
いまのところ、全体にはガタが来ていますが、これといって特別に悪いところが見当たりません。
先日も胸のMRを撮ったところ、珪肺の気もないということでしたので、坑内で削岩機を握っていたはずなのにと思ってしまいました。しかし、ほかの人に比べればありがたいことです。
健康寿命。最近若い人たちのほうがこのことを心配しているようですね、これも時代のせいでしょうか。
最も自分たち坑内で仕事したものは親と一緒で定年後10年くらいと覚悟していましたので。
あまり長生きすると、それこそ金欠病になって病院にも気楽に行けなくなりそうで、、、こちらのほうが心配です。

投稿: オラケタル | 2015年12月 4日 (金) 21時18分

オラケタ様 お誕生日おめでとうさま。確か来年、喜寿やったね(^_^)最近の話題の「健康寿命」を延ばしておくれな。
昔は55歳定年やったが、今は65歳やなってまって、定年後を健康寿命の開始とすると、オリ(今から)の世代は全然駄目(健康寿命が短い)な。
鉱山を起因とする珪肺の人等、公害に合われて病院通いの人達はホントかわいそうやな。でも「病は気から」かもしれんな。金欠病というのもあるしな。

投稿: 岡崎在住 | 2015年12月 3日 (木) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/62788518

この記事へのトラックバック一覧です: 出動を前にして:

« 疑心暗鬼 | トップページ | かなり長命なんだけど »