« さねかずら | トップページ | 寒雀 »

2016年1月 5日 (火)

かすみ立つ

Img_2079


かすみ立つ 春の山辺の遠けれど 

     吹き来る風は 花の香ぞする

古今和歌集にある在原元方の歌にある。

人出の多いときに暇人は邪魔をしてはいけないと、ここしばらく家の周りでしか動いていなかったが、今日も晴れ間の多い行楽日和とて、近所のおばあさんを誘って富士山見物に出かけた。

行く先は迷ったが、一番富士山に近くて見栄えのする朝霧高原にでも行ってみよう、ということになり、車を走らせた。

途中から気づいたのだが、昨日までのように富士山がすっきりとは見えない。

どうやらここしばらくの天気で、霞が立っているようだ。

今朝のテレビのニュースで「中国からのPM2.5とは言って無かったよな」なんて話しをしながら 、、、、、、、、

穏やかな日和の中で発生した春の霞に疑問を抱かせるようないまの世相をうらむ。

田貫湖まで来ると、湖面に波が立っていないのだが、富士山が薄く翳っているため湖面に映るはずの逆さ富士がぜんぜん見えない。

そして、このあたりでもあったかいようで、榛の木の枝先のふくらみをかなり大きくなっていた。

これ以上大きくなると本格的な寒さが来たとき、霜に会って萎れてしまいそうなほどである。

こんな調子では同じ歌人が歌った

  年の内に 春は来にけり 

       一年を去年とや言はむ 今年と言はむ

Img_2004


当時の暦の上での歌であるが、我が家の姫リンゴを見ると、この歌が当てはまりそうな雰囲気である。

|

« さねかずら | トップページ | 寒雀 »

コメント

YASUさま
大変お褒めをいただきましてありがとうございます。
これからもちょいちょいお立ち寄りください。

投稿: オラケタル | 2016年1月 6日 (水) 21時54分

素敵な富士山の姿ですね。
写真の構図がとても美しく、魅せられてしまいました。
また、古今和歌集の歌も入れるなど・・新年早々得した気分になりました。
姫リンゴの花もピンとピッタシ・・いいですね。

投稿: yasu | 2016年1月 5日 (火) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/63010549

この記事へのトラックバック一覧です: かすみ立つ:

« さねかずら | トップページ | 寒雀 »