« 寒雀 | トップページ | 蠟梅咲く »

2016年1月 7日 (木)

春の小川は

Img_2091

春の小川は さらさら流る 

岸のすみれや蓮華の花に

姿やさしく 色美しく

咲けよ 咲けよと ささやきながら 

新年早々”初春”とか”迎春”とか言うのは年賀葉書の中でのことだと思っていたが、どうも今年はそうではなかったようだ。

午後になって、それまで刻々とあがっていた気温は二十度近くになった上、風もなかったので、麻機の田んぼ周りの散歩は汗がにじんできた。

ここ半月の間、ぜんぜん雨も降らなかった影響で細くはなっていたが、水路の脇には蓮華やタンポポの花も咲きだしており、この場所で見る限り冬は過ぎ去って早春まっさかり、、、、、、、

なんだか冬の無い一年になりそうな気配すらする。

日本は四季のある国なので、、、と、言われてきたが、このまま冬なしの国になっては生活様式もずいぶんと変わっていくことになる。

昨年を一時であらわすと「安」だと言っていたが、今年はすでに決まっているような気がする。自分流に思うのは混沌の「混」である。

とにかく先が見えない、北朝鮮が核の実験を行った翌日には、サウジアラビアがイラン大使館を空爆したと言うニュースが流れる。

なんだか突然に国ぐるみの事件が起きる、国の行く末と言うことをその国の指導者がどう考えているのかまったく分からない。

この調子では、衝動で人殺しをする若者となんら変わりない。

指導者の幼稚化なのだろうか

|

« 寒雀 | トップページ | 蠟梅咲く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/63022669

この記事へのトラックバック一覧です: 春の小川は:

« 寒雀 | トップページ | 蠟梅咲く »