« 麻機のカワセミ | トップページ | 春 たちぬ  »

2016年2月 2日 (火)

間違える

Img_2264


ウグイスのことを春告げ鳥と言うのは、春一番に例の”ホーホケキョッ”って啼くところから付けらた名前だが、普段は藪の中にいてなかなか出てこない。

そこで間違えらたのは、色が少し似ていてよく見かけるメジロである。

相当以前から間違えられていたようで、日本古来の花札にも梅の枝に掴まっている鳥を鶯に見立てて「梅に鶯 ホーホケキョ」といってきた。

今年は山に餌が豊富なのか、庭の蜜柑に目白がやって来ないとと思っていたら、山のツルウメモドキに群れを成してメジロが来ていた。

正月前後には艶々と輝いていた真っ赤な実も、すっかり干しあがって皺皺になっているのを夢中になって食べている。

餌がなくなって群がっているのか、このくらいになってからが旨いのか知らないが

.

.

アメリカの大統領選挙の予備選挙で、共和党の候補者であるトランプ氏が首位を取れなかった。

事前の人気度ではトップだったのだが、アメリカの良識が動いたのか、応援していた人の投票率が低かったのか、、、、、、

まずこの人の名前を聞いて驚いたのは、カードだけでなくトランプと言う姓があったことだった。(トランプタワーってのがあることは聞いていたが、、、)

次に、歯に衣を着せぬと言ったらよい言い方だが、思ったことをそのまま口にしたのが共感を呼んだらしく人気が出たそうだ。

一国の指導者なり、権力者になろうかと言う人がこれで決まるとすれば、アメリカの国民性が疑われることになるのだが、支持率が高いと言うことは、面白半分のジョークでなかったようにも見受けられて怖いなと思う。

しかし、日本はもとより世界の情勢は、自分の国だけしか見ない孤立化、右傾化の指導者が増えてきているし、大衆もそんな方向に向かっているようにも見える。

前の大戦まえにも、民衆の不満が高まって、全体主義化していくなどの情勢から始まっているのを考えると、案外近いのかも知れない。

鶯とメジロを間違えるくらいなら罪はないが、ハートのキングとスペードのキングを間違えるととんでもないことが起こりそう。

|

« 麻機のカワセミ | トップページ | 春 たちぬ  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/63157119

この記事へのトラックバック一覧です: 間違える:

« 麻機のカワセミ | トップページ | 春 たちぬ  »