« なんて幸せものよと | トップページ | 梶原山散策 »

2016年3月25日 (金)

うっすらと白く

Img_2709


Img_2707


昨夜は遅くまで飲んでいたので、寒さも気にしていなかった。

着替えもせずに寝ていた衣服を交換しようと外に出てみたら、一面うっすらと雪が積もっていた。

飛騨地方は、屋根を軽くするためコールタールを塗った黒い屋根が多いのに、今朝の家々の屋根は真っ白。

宝の山であった二十五山につづく山襞も白くみえ、この時点で今日山の村に行くのを早々に断念した。

朝の食事を済ませ、墓参りをしたあと従兄弟の家に行き、念のため山の村に電話して見ると、日当たりの部分は問題ないが、山陰のカーブしたところが慣れないものには危ないかもしれないと言う。

いつものようにふるさとの忘れがたき味を買い込み、早飯を食べて帰途につく。

ゆっくり休み休みの運転ながら、五時間弱、まだ日のあるうちに静岡に帰り着く、、、以前に比べて格段の近さになっている。

|

« なんて幸せものよと | トップページ | 梶原山散策 »

コメント

岡崎在住さま
ビジネスホテル鷹、シングルだと一泊と簡単な朝飯(360円)で5,300円。
最近の都会のホテル事情に比べると考えられない額です。
一晩中、玄関から入れるのが嬉しくて、一人のときはよく利用しています。
飛騨神岡は、みんな心暖かい人ばかり、急に入っても迷惑がらずに付き合ってくれるのがうれしいですね。

投稿: オラケタル | 2016年3月28日 (月) 16時56分

中央道は通い慣れた道路やという事やね。神岡町にビジネスホテルがあるとは知らなんだわ。ビジネスホテルは色々と気楽でエエと思うで、オリも利用させてもらうさな。ところでオリの場合は、気心しれた同僚は2~3人でとても9人は集まらんな。(笑)

投稿: 岡崎在住 | 2016年3月27日 (日) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/63402441

この記事へのトラックバック一覧です: うっすらと白く:

« なんて幸せものよと | トップページ | 梶原山散策 »