« 木蓮も咲いて | トップページ | ぽかぽか陽気に誘われて »

2016年3月 3日 (木)

これも紅一点

Img_2477


浅間神社から連なる賎機山の北側に、一本の緋寒桜がようやく満開を迎えているらしく、ふもとから見ても鮮やかな色合いで眺められる。

ふもとではすでに、この桜は終わり河津桜のピンクに変わられているが、少し山を登ったところにあるためか、北東向きの斜面で気温が上がらなかったためか、開花が遅れていたようでいまが満開である。

いずれにしろ、毎年この場所は常緑樹に囲まれた、元蜜柑小屋の脇に植えられているのでよく目立つ。

中国の詩人王安石が詠った”万緑叢中紅一点”がそのまま当てはまる光景である。

もっとも王安石が歌ったのは、ざくろの花であるが、この際緋寒桜に変えて解釈しても差し支えないだろう。

.

,

いま、「保育園落ちた 日本死ね」というインパクトの強いブログが評判になり、国会でも取り上げらた。

記事の書き方は乱暴だが、働きたくても働けない状態を訴えるにはこんな書き方をするしかないだろうと言うのはわかる。

と、同時に、最近では老老介護以上とともに、働きたくても働けない介護離職というのもある。

働ける世代の人口が減っていると言う現状から見ればもったいないことであり、離職した人の年金減額で将来生活苦になることは目に見えている。

しかし、「一億層活躍」と大臣まで作っておきながら総理大臣は、ブログの切実な声に匿名の記事だから、と、歯牙にもかけない。

その一方で大阪では、保育園の経営者夫婦が、保育園の修繕費など税金からの補助金を一億三千万とかを本来の目的に使わないで、指摘に流用していたことが分かり、告発されそうになっていると言う記事があった。

強いもの富めるものに手厚い施策ばかりの打ち出す政府にアメリカ大統領選の泡沫候補だといわれた人たちに支持が集まっているように、近い将来日本でも起きないかな、、、、

|

« 木蓮も咲いて | トップページ | ぽかぽか陽気に誘われて »

コメント

YASUさま
今日も暖かい一日でした。
三寒四温の昨今ですから、春も一気に走っては来ないとは思いますが、目に見えてきました。

総理や自民党の暴走とおごり、止めなければと思いますが、一体どんな人が支持しているのでしょうか。
支持率は落ちないですね。
行く先は真っ暗と思うのは、自分たちだけ、、、?

投稿: オラケタル | 2016年3月 4日 (金) 16時39分

緋寒桜がもう咲いているんですね。
緑木の中にピンク色がひと際目立ちます。
つい視線はそちらの方に行ってしまいました。

前回の白木蓮に雄大な富士山の姿はカレンダーの表紙絵を見ているようで素敵でした。
いづれも春の爽やかな風を感じました。

総理の暴走は止まらないですね、年金の削減、消費税の増税、憲法の改悪思想、社会を見れば弱肉強食、大企業や軍事産業の手厚い保護そして拡大・・やがて富国強兵なんてことにならなければいいですが・・

投稿: yasu | 2016年3月 3日 (木) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/63295075

この記事へのトラックバック一覧です: これも紅一点:

« 木蓮も咲いて | トップページ | ぽかぽか陽気に誘われて »