« 梶原山散策 | トップページ | 春真っ盛り »

2016年3月28日 (月)

蓮華の花見に

Img_2715


Img_2718静岡に来た三十数年前には家の傍の麻機田んぼは一面のじゅうたんを敷いたように赤紫の花で埋まっていた。

根が窒素を固定化するとかで、政府が補助金を出して蓮華栽培を行わせていたからである。

それが打ち切りになって、いまでは、ところどころにぽつんと残るのみ、、

一体、田んぼに蓮華が必要だったのかどうか。

ただ補助金を受けるためにだけ撒いていたとしたら、この美しい景色も日本の農業をだめにした見本のようで情けなくなる。

実際は、自然農薬であり、残しておきたいものの一つではなかっただろうか。

同じようなことかもしれないが、巴川の両岸を芥子菜の花で黄色く染まっているが、これは、ミツバチの養蜂家が種をまいたという話を聞いたことがある。

その伝で行けば蓮華の蜜もよい蜂蜜の原料となるので農家と話し合って何とか出来ないのか、とおもうのだが、仲介する農協が農家に対する影響がなくなくなり難しいと言う話しも聞いた。

ともあれ、赤紫の絨毯がすべてなくなったわけではないので、訪ね歩いて眺めることにしよう。 

|

« 梶原山散策 | トップページ | 春真っ盛り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/63408928

この記事へのトラックバック一覧です: 蓮華の花見に:

« 梶原山散策 | トップページ | 春真っ盛り »