« 雨に耐えて | トップページ | 山吹色は »

2016年4月 9日 (土)

しずこころなく

Img_2855


わさび田に立つ桜も散り初め

Img_2867日本人の桜好きはいつのころからなのだろうか。

万葉のころは、桜より梅の花のほうが愛されていたと言う話しは聞いている。

と、なると、平安時代になってからと思うが、桜に関する歌は百人一首の中にもたくさんある。

その中でも、今の時期は”久方の 光のどけき 春の日に しず心なく花のちるらむ”が、最も当てはまる。

今日は、安倍川中部の玉川地区にすむ、友人にお茶を5kgほど分けてもらうために行ってきたが、山のかなり高いところまで桜は登り、安部街道沿いの桜は満開をすこし過ぎて、そよ風にも花びらを散らし始めていた。

花の散り方時おりはらはらと舞い散る状況なので、写真にするのは難しいと思っていた矢先、蜘蛛の巣に舞い落ちた花びらがついているのを見つけた。

蜘蛛にとっては、糸に絡まる花びらは迷惑千万なのだろうが、どうもはずすまでの知恵を持っていないと見えて、巣の中央でじっと動かないでいた。

この調子で今日一日放っておけば、いまに花びらだらけになって、、、、、、、、

.

.

盗作騒ぎで立ち消えになった東京オリンピックのエンブレム候補がようやく四案に絞られ採集審査に入ることになったそうだ。

今回は、いろいろと絞られる過程の中で類似したものが無いか、慎重に調べられたことと思うが、どの作品も甲乙付けがたいものばかりである。

自分としては、華やかさはないが日本古来の模様をかたどった市松模様のものがよいのではないかと思う。

なぜなら、これまでのエンブレムは、五色の色使いのものがあまりにも多すぎるので、独自色を出すとすればこれであろう。と思ったから。

ただ、なんだかんだとけちのついている今回のオリンピックは、もともとが日本人に歓迎色がなかったことから、二度落選してきただけに期待はしていなかった。

そして、それに輪をかけてたのが、最近発覚したバトミントンの代表候補が闇カジノに出入りしてかなりの金額を使ったことにある。

ネットを検索して見ると、同情する声が多いが、闇カジノが暴力団と結びついた文字通り闇の博打だということを知らないためのように見える。

なぜこんなところに出入りするようになったのだろうか。

一瞬にしていままでの苦労を無にするこの行動、周りに止める人がいなかったこともあろうが、結局は、野球賭博や大相撲の八百長仕合のように、スポーツ選手にはそのことだけに専念するあまり、社会常識に欠けたバカが多すぎるためではなかろうかと、あえて言おう。

|

« 雨に耐えて | トップページ | 山吹色は »

コメント

おばさま
終わり良ければ全てよし、ということばがあります。
まだ、これからの余生がたくさん残っている若い人が、それまでの功績を全て無駄にし、一からの再出発はほかの人以上に苦労することが多いことでしょう。
また、せっかく盛り上がってきた、バトミントンに泥を塗ってしまったことは、育休議員の浮気問題とよく似ており、悔やんでも悔やみきれないことと思います。
全くもう、は、どこにぶっつけたら、、、

投稿: オラケタル | 2016年4月10日 (日) 21時10分

闇カジノに出入りしていた問題
世間をびっくりさせましたが何と思慮に欠けることかと
呆れてしまいました
今日は北島康介の引退発表があり
こちらは何とも清々しい感じで選手生活を
振り返り感謝の言葉を聞いただけに
バトミントンは全くもう・・・・・

投稿: おばさん | 2016年4月10日 (日) 20時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/63462462

この記事へのトラックバック一覧です: しずこころなく:

« 雨に耐えて | トップページ | 山吹色は »