« 野老(トコロ) | トップページ | むかしをいまになすもよしかな »

2016年4月27日 (水)

池に写しこんで

Img_2986_2

磐田市見付に天満宮とその後ろに一帯につつじ公園公園というのがある。

そこに、小さな池があった。

初孫の入学祈念にこの天満宮にこのお宮に行ったのは10年位前になるか、、、、そのときは確か正月だったと思うので、このつつじ公園のほうには行っていなかったと思う。

つつじは今が満開なのだが、今年は遅霜にやられたのか一部で早咲きらしい花が茶色く変色して枯れていた。

そうして中、一番奥まったところにあるこの小さな池がきれいだった。

Img_2983_2

日本語に色を表現する言葉の数がどれだけあるか知らないが、この辺りの風景はまさに、萌黄色という言葉がぴったりで、若葉の色を池に写しこんで幽玄の世界を作り出している。

そして、点景としてあやめの仲間で一番早く咲くイチハツの紺色を配しているのが心憎く感じたのは、こちらの気分と相まってのことだけだったろうか、、、、、、。

|

« 野老(トコロ) | トップページ | むかしをいまになすもよしかな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/63546104

この記事へのトラックバック一覧です: 池に写しこんで:

« 野老(トコロ) | トップページ | むかしをいまになすもよしかな »