« 照る葉 | トップページ | いいなぁ »

2016年5月31日 (火)

よく似ていても不味い

Img_3394


公園の生垣につつじの花がいまを盛んとして咲いている。

よく似た花にさつきがあるので、どちらともいえないが、子供のころ山に行くと咲いていたのはつつじであったことには間違いがない。

真っ赤な花は、ひときわ長く伸びた枝の先端に固まって咲いていたので、枝を折り摘んだ花びらをこの枝に次から次へと刺して串団子状にし、長さが10センチくらいになると、まとめて食べたものだった。

程よく酸っぱさが残り、水気の多い花びらは子供心にも美味しかった。

その記憶から、花をまとめてむしり口に入れてみたが、幾分苦味があるだけで味も素っ気も感じず、思い出が空回りしてしまった。

目黒の秋刀魚ではないが、つつじは大津山のものにかぎる。

.

.

.自動車のデーター改造で三菱自動車が、日産自動車の傘下に入ることになった。

この件について、いくつもの疑問がある。

ひとつには、相手先ブランドを引き受けた日産がまず口火を切ったことである。

なぜ、公表する前に三菱自動車に対策を相談しなかったのか。そして、三菱と名乗る会社(旧三菱財閥系)から支援を受けられないことを前提に、乗っ取る時期を探っていたのではなかっただろうか、と言う疑問。

日産自動車は数十年前プリンス自動車を併合したことがあり、その、遺伝子が今に残っていたのか、カルロス ゴーン会長の欧米式経営がそうさせたのか。

とにかく、ひとつの会社を傘下にするということは、人事面で難しいものであり、対等合併でも社長の座を襷がけで交代しないと収まらないものである。

自分の記憶でも、三菱と名のつく会社はかなりプライドが高く、ほかの企業の傘下に入ることにはかなり抵抗感があるはずである。

プリンス自動車の場合、従業員の処遇などもあって、ひとつの企業の中にあって組合の合併がすすまず、しこりが残っていた。

この先どうなっていくのか、見ものである。

|

« 照る葉 | トップページ | いいなぁ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/63711919

この記事へのトラックバック一覧です: よく似ていても不味い:

« 照る葉 | トップページ | いいなぁ »