« 龍の髭 | トップページ | ビー玉考 »

2016年6月21日 (火)

ヤマモモ 落果

Img_3624


Img_3626昨夜来の雨は午前中激しく降り続いた。

そのためか、路上にヤマモモの実がたくさん落ちている。

ヤマモモ、春先に小さな花をつけるが、小さすぎて人目につきにくいので今ごろになって熟すまで気がつかないことが多い。

子供のころは、独特の味がして、木の実好きの自分も、あまりたくさん食べたることがなかったが、いまの子供たちはもっと食べないので、木に登ることも無く、赤い棘状の実は地面に落ちて、腐るに任せている。

落ちた実にしても、葉っぱにしても、桃に似ているわけではないが、この木を山桃というには、中国名がヤンメイというからだ。と、聞いたことがある。

と、なると、日本にも昔からある木ではなかったのだろうか。

ともあれ、材木になるほどの大木はめったに見ないが、海岸などの荒れ地に力強く育つため、防砂林や道路の分離帯などに使われている。

.

.

今日は夏至、午後になって、少しの間日差しが出たものの、すぐに曇り空となり、日の長さは実感できなかった。

それにしても、月日のたつのは早いことである。

子供のころは、夏休みが待ち遠しかったものだが、歳を取るにつれて早くなった。

このまま加速度をつけて行くとしたら、人生最後のころは”光陰矢のごとし”とかでロケットに乗って宇宙に飛ばされてしまいかねない。

よく、歳を取った人が自分の年齢を間違えるのは、この速さで、いつ正月が来ていつ盆踊りをしたか気がつかないうちに通り過ぎてしまっているせいかもしれない。

|

« 龍の髭 | トップページ | ビー玉考 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/63811708

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマモモ 落果:

« 龍の髭 | トップページ | ビー玉考 »