« ビー玉考 | トップページ | そうかお前さんもか »

2016年6月24日 (金)

見返り美人?

Img_3670


菱川師宣の有名な見返り美人を思わせるような雉が一羽土手にたたずんでいる。

鳥の仲間は、人間と違って顔の両脇に目が付いているので、ほぼ360度見えるとのことだから、余所見をしているようにみえても、こちらを見据えているに違いない。

そのためか、じっと立ち止まって動かないでいた。

ただ、残念なのはこの雉はオスであり、オスに美人というのはちょっと不味いのかなという気もしないではないが、、、、、、、、、

最近の、ホモセクシアルの時代ではそんなの関係なしに愛でることにしよう。

.

.

イギリスが国民投票した結果、EUから脱退することになったそうで、それ以前から株と円が異常な動きをしていたが、結果が出たとたん株安円高となった。

この世界にかかわってきた人々にとって、大変な一日だったに違いない。

しかし、それほど大事なんだろうかと、そのどちらにも関係の無い自分は思う。

今朝のワイドショーを見ていても、コメンテーターの経済専門家といわれる人は悲観論ばかりを述べ、直接どんな影響があるのか明確に話しができずにいた。

難民流入が直接の影響かもしれないが、その根本にあるのは、あまりにもEUが大きくなりすぎたことにあったのではなかっただろうか。

裕福な国は、その財が持っていかれるのを嫌い、そうでない国はギリシャを見るまでも無く、自己努力より援助を勝ち取ろうとしている構図が見て取れる。

また、通貨を統一したことにより、経済格差が激しくなったことも、内在する不安要素であろう。

イギリスがこれを嫌って脱退して、どれほど損失が出るのか、誰にも分かっていないはず、それなのに、関税が発生すれば企業が困ると言った予想だけで株安円高になったのは、これを機に大もうけをたくらむ輩が煽った経済戦略の乗せられていると見ている。

もう少し、時間がたてばあのときの大騒ぎは何だったのだろうと言うことになると思うのは、経済オンチ戯言だろうか。

|

« ビー玉考 | トップページ | そうかお前さんもか »

コメント

岡崎在住さま
今日のテレビを見ていたら、当のイギリスが一番ケロッとしているみたいだった。
EC脱退はこれからの交渉次第だし、周りが騒ぐほどもめないで行くとしたら、一番困るのは危機感を煽ってきた、ハゲタカ共ではないだろうか。と、思っている次第です。
そうなってほしいと言う願望もこめて、、、

投稿: オラケタル | 2016年6月25日 (土) 22時20分

結局、EU(欧州統一)のメリットがなく、英国でNoになったみたいやね。理由として、欧州の国境が無くなり、難民問題(よそ者受け入れ)が大きいみたいで、EU内の連鎖反応がありそうやな。昔は日本でさえ「通行手形」があったし、同民族でも「よそ者問題」は存在するけどな。英国人は経済よりも、兎に角プライド優先やな。でも、日本にも「武士は食わねど高楊枝」英国風の諺があるし、そこそこ食べれればダイジョかもな。一時のマネーゲームに躍らされず、質実剛健が持続可能な社会からのトレンドかもな。

投稿: 岡崎在住 | 2016年6月25日 (土) 10時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/63824682

この記事へのトラックバック一覧です: 見返り美人?:

« ビー玉考 | トップページ | そうかお前さんもか »