« 好きで”偽”を名乗っているんじゃない! | トップページ | どうして? »

2016年6月10日 (金)

いつのことか

Img_3471


薄いピンク色したハルジオンが花を咲かせていた。

よく似た花にヒメジョウオンというのがあって、なかなか区別がしにくいが、茎を折ったとき中にコルク状の白い芯があるのと、蕾の時期に下を向いていればハルジオンであると言うだけの知識しかないものが見た花だから間違っているかもしれない。

花が咲く時期は、ハルジオンのほうが早く咲き、ヒメジョウオンは六月に入ってからと言うが、そう厳密でもないようだ。

1,920年代にこのかわいらしい花を目当てに輸入されたそうだが、80年代になって野生化し繁茂したそうで、自分らの子供ころは、見た覚えがないのはそのせいだったのかもしれない。

漢字で書くと、春紫苑となり、なんとも優雅な名前を付けられたものであり、前回のニセアカシアにくらべると、入ってきたときはもてはやされたものと思う。

.

.

今日も蒸し暑い一日であった。

先日来前歯が二本抜け落ちてしまったので、仮歯を作ってもらい入れていたのを調整しに行って来た。

保育園児の乳歯から永久歯に変わるときの隙きっ歯はなんとも可愛らしいものだが、この歳になると抜け落ちたままでいるのは、なんとも老け顔になってみすぼらしい。

これで、残っている自分の歯は23本になり、あと、四年間このままで行けば八十歳で二十本という目標に達成しそうだが、、、、、、

とにかくそうは言っても、りんごの丸かじりは無理になり、なれない入れ歯は口中に違和感が残る。

医者は、「しばらくの間です。そのうちに慣れますから」と言うが、そのうちっていつのことか。

「亡くなって知る親の恩」というように、りんごを齧れなくなって知る永久歯のあり難さってところ。

そういえば、、鮫などは抜けても次から次へと出てくるそうだし、ウサギなどのげっ歯類は死ぬまで伸び続けると言うが、人間はどこの段階でこの機能を失ってしまったのだろうか。

IP細胞で、歯の復活はできるのはいつのことだろうか。

|

« 好きで”偽”を名乗っているんじゃない! | トップページ | どうして? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/63759195

この記事へのトラックバック一覧です: いつのことか:

« 好きで”偽”を名乗っているんじゃない! | トップページ | どうして? »