« ダニバナと覚えていた | トップページ | いつのことか »

2016年6月 8日 (水)

好きで”偽”を名乗っているんじゃない!

Img_3501


ニセアカシアの白い花が風に吹かれて涼しげに揺れている。

花の形は、一見白い藤と見がまがわんばかり、マメ科の植物共通の形である。

この木をニセアカシアというのは、後から日本に入ってきたアカシアに名前を奪われたためで、はじめから偽と言う字がついていたわけではなく、日本名のハリエンジュもエンジュに似た棘のある木という意味であり、この木が口を利けるなら、「好きで”偽”と名乗っているんじゃない!」と言いかねない。

ともあれ、この木は荒地に強く、育ちも早いため亜硫酸ガスで禿山にされた鉱山の緑化などや街路樹として珍重され、花の蜜は「アカシア蜜」として販売されている。

この場合、食品表示法で「ニセアカシア蜜」と書かなければならないのだが、、、、さすがに、”偽”が頭につくのは拙かろうと、、、、、、 

.

.

午後になって近所のおばあさんが訪ねてきた。

朝から、テレビは東京都知事の話でもちっきり、どこのチャンネルを見ても同じことばっかり、頭がうじゃうじゃして、、、、

おまけに、夜中に降った雨の後かんかん照りになって蒸し暑く、外へも出歩けんもんでここならどうかと思って、、、、、という。

さもありなん、テレビも悪いけんど、枡添さんも下手な答弁の繰り返しで油に火を注ぐような結果になってしまったのが悪い。

それにしても、あれだけ不信感をもたれてしまっても知事の座にしがみつくのはちょっと異常だね。

そんなにオリンピックの旗を握りたいんかねぇ。

それとも、これで止めれば後は無収入になり以後の生活がままならなくなるからだろうか。

短気な自分には到底考えられないことであり、これも一種の才能か。

それにしても、選挙前に分かる方法がなかったのは、、、、、、、

|

« ダニバナと覚えていた | トップページ | いつのことか »

コメント

岡崎在住さま
そうでしたね。学校下、六郎谷の急斜面は白い花が仰山咲いていたのを覚えています。
何しろ荒地に強い木ですから、地すべり防止のため意図的に植えられたのでしょう。
西田佐知子の歌を知っていましたか、こぶしの無い高い声はみりょくてきでした.
この歌が流行ったのは昭和35年、関連して思い出すのは、70年安保で神岡から東京に派遣されてデモ行進をしに行った年でした。
この歌に歌われているアカシアは多分ニセアカシアではないかと思っていますが、、、、、、

投稿: オラケタル | 2016年6月11日 (土) 16時25分

そういえば栃洞にはアカシヤの木がギョーサンあったな。隙間の多い木やったな。ニセかどうかは知らなんだな(笑)アカシアの、、とかいう西田佐知子さんの歌が流行っとったな。関口宏さんの女房やったかな?

投稿: 岡崎在住 | 2016年6月10日 (金) 21時32分

yasuさま
そもそも、政治資金規正法は自分を縛るための法律ですから、自分が作ってはいけないんです。
選挙民から支持されて選ばれてきた立派な人間に悪い人はいない、というのですがが、悪い人ほど国民を欺くんでしょうね。
投票するときは、見てくれや、世間の評判に流されないよう注意するしかありませんね。

投稿: オラケタル | 2016年6月10日 (金) 21時09分

舛添さんのふてぶてしい態度に参ってしまいます。
東京都の税金を私物化してしまって、一般のサラリーマンだったら業務上横領ですよ。
即、懲戒解雇処分ですが・・政治的活動費で何もかも通ってしまうあたり、この世の中どうなっちゃっているんでしょうね??

投稿: yasu | 2016年6月 9日 (木) 23時36分

tomokoさま
よく見極めせず、アカシアの名前をつけた植物学者、後から「これがアカシアです」と言われて面食らったことでしょう。
そこで、自分の失敗を棚に上げて、前に入ってきたものに「これは偽者です」と言ったかどうか。

投稿: オラケタル | 2016年6月 9日 (木) 21時19分

アカシアの蜂蜜・・・ごく一般的に売られていますが、
実はニセアカシアの蜂蜜ですか!  初めて知りました。
名前を付けた人に言いたいですねぇ~
もう少し良く考えて名前を! と。
後あとまで残ることですから。

投稿: tomoko | 2016年6月 9日 (木) 08時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/63750194

この記事へのトラックバック一覧です: 好きで”偽”を名乗っているんじゃない!:

« ダニバナと覚えていた | トップページ | いつのことか »