« 瓜の花上で | トップページ | 今日の収穫 »

2016年7月 1日 (金)

半夏生ず

022


暦の上では今日が”半夏生”である。

梅雨の末期になると、大地に毒気が満ち、半夏という毒草が生じると言われてきた。

むかしから湿気の多いこの時期は、食物が腐りやすくなり、食中毒など発生するところから名づけられてきたようだが、半夏とはサトイモ科のカラスビシャクのことだといわれているそうな。

当のカラスビシャクにとっては、このころになってマムシ草のようなとうを立てて、虫を誘っているに過ぎないので大いに迷惑なことだろう。

そして、半夏生と同じ読みで半化粧という字から葉っぱの一部を白く変化させて、地味な花を目立たせようとしている草に、この名を与えた。それが上の写真である。

純然たる山野草だが、この葉っぱが面白いらしく、野で自生しているより庭に咲くほうが多いような気がする昨今である。

.

.

今日は久しぶりに晴れ上がったので、山の畑に行ってきた。

その帰り国道一号のガード下に交通安全ののぼりを持った一団がいた。

当初は、この地区の人がやっていることだと思っていたが、そうではなく、交通違反で免停になった人が立っているとのことだった。

先月二回見て、今月は入ったばかりなのにざっと20人ばかし居た。静岡中央署管内だけとすると、かなりの人数になるのだが、交通警察もかなりの人を検挙していることになるものだと感心するやら、、、、、、、、

今日の新聞によると大阪府の府警で二千数百件ともいわれる事件の書類の管理がずさんで時効が成立し罪に問えなくなってしまったそうだ。

問題はこのうち10件が殺人であり強盗や強姦、放火など凶悪事件350件余もあることである。

テレビ各局で「警察24時」とかの題名で警察の活躍を放送しているその裏で、大阪府警だけでなく、全国で見ればこの何十倍もの事件が管理不十分という名の下に時効を迎えているのかと思うと腹立たしい限りである。

よく交通違反で捕まったとき「運が悪かった」という言葉を聞くが、新聞記事を見る限りではまったくそうである。

大阪府警のずさんさが吹き出てきたのは、まさに、半夏生ず! と言ったところか。

|

« 瓜の花上で | トップページ | 今日の収穫 »

コメント

おばさま
ボーナスに関しては何の話もありません。
私自身も、ボーナスと縁が切れてから幾十年。
それにしても、枡添さんのボーナスはもったいないですね。

投稿: オラケタル | 2016年7月 1日 (金) 21時52分

7月に入り公務員ノボーナスも近くなり
お孫さんからのプレゼント楽しみですね
浜松市はいつかしら
あら 私は関係ないのに気になってしまいました

投稿: おばさん | 2016年7月 1日 (金) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/63855325

この記事へのトラックバック一覧です: 半夏生ず:

« 瓜の花上で | トップページ | 今日の収穫 »